HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

武者小路実篤



 武者小路実篤は、日本の小説家であり詩人・劇作家・画家でもある。

 学習院高等学科卒業後、1906年に東京帝国大学哲学科社会学専修に入学、翌年には同級生の志賀直哉や木下利玄らと「一四日会」を組織する。更に翌1908年、回覧雑誌『望野』を創刊、1910年には文学雑誌『白樺』を創刊し、白樺派を名乗った。

 武者小路実篤の代表作には、『お目出たき人』『世間知らず』『その妹』『幸福者』『友情』『愛慾』『棘まで美し』『愛と死』『馬鹿一』などがある。




偉人のプロフィール 〔武者小路実篤〕のプロフィール。
〔武者小路実篤〕

武者小路実篤の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕