HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

村岡花子



 村岡花子は、誕生名を安中はなという日本の翻訳家で児童文学者である。児童文学の翻訳を得意とし、『赤毛のアン』の翻訳で知られる。

 村岡花子は、山梨県甲府市の決して豊かでない家に生まれたが、クリスチャンの父親逸平の願いで2歳のときカナダ・メソジスト派の甲府教会で幼児洗礼を受ける。10歳のときはなは、東洋英和女学校に給費生として編入学する。

 村岡花子は、『アン』シリーズ、『エミリー』シリーズ、『丘の家のジェーン』『果樹園のセレナーデ』『パットお嬢さん』などのモンゴメリーの作品の翻訳を手掛けた。




偉人のプロフィール 〔村岡花子〕のプロフィール。
〔村岡花子〕

村岡花子の肖像・写真 
(出典:Musicman-net)
プロフィール
〔通称名〕  村岡花子
〔本名〕  安中はな
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  1893年6月21日(明治26年6月21日)
〔死没・死没地〕  1968年10月25日(昭和43年10月25日)(満75歳没)
〔国籍〕  日本国
〔言語〕  日本語・英語
〔出生国:出身地〕  日本国:山梨県甲府市
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  東洋英和女学校高等科
〔職業〕  翻訳家・児童文学者
〔ジャンル・主題〕  文学
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  英語教師・翻訳・文筆。
〔処女作〕  
〔代表作〕 〔翻訳〕
 『赤毛のアン』シリーズ
 『フランダースの犬』
 『王子と乞食』
 『不思議な国のアリス』
 『小公女』
 『アンデルセン童話集』

〔著作〕
 『生きるということ』
 『村岡花子童話集』

〔受賞歴〕  1960年児童文学への貢献で藍綬褒章受賞。
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕