HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

村田清風



 村田清風は、長門国大津郡三隅村沢江生まれの武士で長州藩士家老である。藩校明倫館で優秀な成績を修め、学費免除のうえ、明倫館書物方となる。その後、藩主毛利斉房の小姓として仕え、斉房から5代毛利敬親の代まで藩の要職を歴任する。

 天保9年には藩政の実権を掌握し、藩主毛利敬親のもとで天保の改革に取り組み手腕を振るった。清風の財政改革は苦しかった長州藩の財政を再建させた。

 清風はまた教育普及においても力を注ぎ、庶民層に対しても教育を薦めた。その後、中風などの病もあり退陣する。彼には『海防糸口』『病翁寝言』『遼東の以農古』などの著作がある。




偉人のプロフィール 〔村田清風〕のプロフィール。
〔村田清風〕

村田清風の肖像・写真 
(出典:山口県長門市HP)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕