HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

陸奥宗光



 陸奥宗光は、日本の政治家であり外交官、武士(紀州藩藩士)である。

 陸奥宗光は天保15年、紀伊国和歌山で紀州藩士の子として生まれる。国学者・歴史家で名高い父の影響で、尊王攘夷思想を持つようになる。そして、土佐藩の坂本龍馬、長州藩の桂小五郎(木戸孝允)・伊藤俊輔(伊藤博文)などの志士と交友を持つようになる。

 明治初期の版籍奉還、廃藩置県、徴兵令、地租改正に大きな影響を与えたとされ、伊藤内閣の外務大臣時、不平等条約の改正に辣腕を振るったことでも知られる。




偉人のプロフィール 〔陸奥宗光〕のプロフィール。
〔陸奥宗光〕

陸奥宗光の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕