HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

菱川師宣



 菱川師宣は、元和4年(1618年)安房国平郡保田本郷で出生した近世日本の画家である。江戸初期に活動した浮世絵師の一人であり、しかも、浮世絵を確立した人物、最初の浮世絵師である。しばしば「浮世絵の祖」と称される。

 師宣は、それ以前には絵入本の単なる挿絵的存在にすぎなかった浮世絵を、本格的な鑑賞にたえる芸術作品、絵画作品に高める役割を果たした。初期には無記名で作品を描いていたが徐々に人気がでて、名前を明らかにするようになる。

 彼の代表的作品には、『見返り美人図』『歌舞伎図屏風』『浮世人物図巻』『大江山鬼退治絵巻』『虫籠美人図』『見立石山寺紫式部図』『遊里風俗図』『江戸風俗図巻』など多数がある。




偉人のプロフィール 〔菱川師宣〕のプロフィール。
〔菱川師宣〕

菱川師宣の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
最終学歴 江戸神田に出て縫箔師となり、大和絵を習得する 職業 浮世絵師 ジャンル 美術家 代表作 見返り美人図
〔通称名〕  菱川師宣(ひしかわもろのぶ)
〔本名〕  菱川吉兵衛(ひしかわきちべえ)
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  1630年(寛永7年)
〔死没・死没地〕  1694年6月4日(元禄7年6月4日)
〔国籍〕  日本国
〔言語〕  日本語
〔出生国:出身地〕  日本国:現在の千葉県鋸南町保田
〔居住国:居住地〕  日本国
〔出身校・最終学歴〕  江戸神田に出て縫箔師となり、大和絵を習得。
〔職業〕  浮世絵師
〔ジャンル・主題〕  美術家
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  
〔処女作〕  
〔代表作〕  『見返り美人図』
〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕