HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

山田耕筰



 山田耕筰は、日本の作曲家で指揮者であり山田耕作とも書かれる。日本初の管弦楽団を創るなど日本における西洋音楽の普及に努めた。国際的な音楽家で、日本だけでなく欧米でもよく知られている。

 日本語の抑揚を活かしたメロディーで、歌曲や童謡、オペラなど非常に多くの作品を残した。よく知られた代表作には、次のものなど多数がある。

『野薔薇』 『からたちの花』 『この道』
『鐘が鳴ります』 『赤とんぼ』 『中国地方の子守謡』
『兎のダンス』 『お山の大将』 『七夕』
『砂山』 『ペチカ』 『かえろかえろと』
『待ちぼうけ』 『あわて床屋』




偉人のプロフィール 〔山田耕筰〕のプロフィール。
〔山田耕筰〕

山田耕筰の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕