HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

山田方谷



 山田方谷は、幕末期の儒家で陽明学者である。陽明学と朱子学を学び、それぞれの利点と欠点を会得したとされる。

 山田家は元は清和源氏ゆかりの武家なるも、彼の出生の時代には百姓として生計をたてていた。5歳にして新見藩の儒学者、丸川松隠に学び20歳で士分に取立てられ、藩校の筆頭教授となる。藩政に参加し、幕末期に滅亡寸前の藩を立て直した。方谷は「理財論」および「擬対策」を唱え藩政改革を成功させたのである。




偉人のプロフィール 〔山田方谷〕のプロフィール。
〔山田方谷〕

山田方谷の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕  山田方谷(やまだほうこく)
〔本名〕  山田球(通称:安五郎、字:琳卿、幼名:阿りん)
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  幕末・明治時代
〔生誕・生誕地〕  1805年2月21日(文化2年2月21日)
〔死没・死没地〕  1877年6月26日(明治10年6月26日)(満73歳没)
〔国籍〕  日本国
〔言語〕  日本語
〔出生国:出身地〕  日本国:現岡山県高梁市中井町西方(旧備中松山藩阿賀郡西方村)
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  丸川松隠塾、佐藤一斎塾
〔職業〕  藩家老格。儒家・陽明学者。
〔ジャンル・主題〕  藩政改革者。教育家。
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  備中松山藩の藩政再建と産業振興。有終館学頭。閑谷学校再興。
〔処女作〕  
〔代表作〕  『擬対策』
 『理財論』

〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕