HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

山下清



 山下清は、日本中を放浪しながら絵画を描いたことで知られる日本の画家である。彼は、幼少時に重篤な消化不良で生命の危機にあい、その後遺症として軽い言語障害や知的障害を受けることになった。

 清は普通の学校での勉強にはついていくことができず、千葉県にある知的障害児施設「八幡学園」へ預けられるが、ここで「ちぎり紙細工」に出会い、没頭してその類まれな才能を開花させる。やがて多くの人々から賛嘆を浴び個展が開催されるようになる。


 彼には兵役免除のための放浪など幾多の物語があるが、戦後は「日本のゴッホ」とか「裸の大将」と呼ばれ親しまれた。代表作には、『長岡の花火』『エッフェル塔』などがある。



偉人のプロフィール 〔山下清〕のプロフィール。
〔山下清〕

山下清の肖像・写真 
(出典:山下清 公式サイト)
プロフィール
〔通称名〕  山下清
〔本名〕  大橋清
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  1922年3月10日(大正11年3月10日)
〔死没・死没地〕  あ971年7月12日(昭和46年7月12日)
〔国籍〕  日本国
〔言語〕  日本語
〔出生国:出身地〕  日本国:東京都台東区浅草区日本堤
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  八幡学園(市川市)
〔職業〕  画家、ちぎり紙細工
〔ジャンル・主題〕  芸術家
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  日本全国を放浪し、絵,貼り絵、マジック絵等を残し日本のゴッホと言われた。
〔処女作〕  
〔代表作〕  『長岡花火の貼り絵』
 『エッフェル塔』

〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  ・旅行するのはくせだからなおらない。
 ・敵のたまにあたって死ぬのが一番おっかないな。
 ・頭が悪いけれど一生懸命働きます。
 ・神の国なのにどうして負けたんだろう。
 ・女は心がやさしいというのはうそだ。

〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕