HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

藤原定家



 藤原定家は、鎌倉時代初期の公家であり歌人である。権中納言定家を称し、『小倉百人一首』の撰者として知られている。

 定家は、平安時代末期から鎌倉時代初期に至る激動の時代に生きながら、藤原氏一族の御子左家の歌道の絶対的地位を確立したことで知られる。

 藤原定家は、藤原氏の一族、藤原北家御子左流の藤原俊成の二男として生まれ、京極殿または京極中納言と呼ばれていた。孫の一人、冷泉為相は現存する冷泉家の始祖となる。


 後世のいろいろな時代における定家の評価は、千差万別であり、絶賛する声が多数あるほか、痛烈な批判を受けることも多々あったことも事実ですが、現在では、日本の歌道の宗匠として仰がれる評価が定着しています。

 定家は、18歳から74歳までの56年間におよぶ克明な日記『明月記(別名:照光記、定家卿記)』を残したことが特筆されます。この中で、建仁元年(1201年)に後鳥羽天皇の熊野行幸に随行した折に記した部分は特に『熊野御幸記』と呼ばれ、国宝に指定されています。

 定家の誕生前から伝承されたできごととして、安倍晴明一族が非常に克明に星の観察をして発見した、天喜2年(1054年)のかに星雲での超新星爆発を記録しています。その他にも二つの超新星爆発の記録が書かれていて、世界でも唯一の天文学における貴重な資料となっています。

 定家は、勅撰集『新古今和歌集』『新勅撰和歌集』を撰進したほか、秀歌撰に『定家八代抄』があります。歌論書に『毎月抄』『近代秀歌』『詠歌大概』があり、本歌取りなどの技法や心と詞との関わりを論じました。

 最も有名な作品は、宇都宮頼綱の依頼で撰者となり『小倉百人一首』を撰じたことです。定家自身も次の一首を収めています。

 「来ぬ人を まつほの浦の夕凪に 焼くや藻塩の 身もこがれつつ」


偉人のプロフィール 〔藤原定家〕のプロフィール。
〔藤原定家〕

藤原定家の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕  藤原定家
〔本名〕  藤原定家
〔別名・ペンネーム〕  京極殿、京極中納言、明静(法名)
〔称号〕  官位:正二位・権中納言
〔時代〕  平安時代末期~鎌倉時代初期
〔生誕・生誕地〕  応保2年(1162年)
〔死没・死没地〕  仁治2年8月20日(1241年9月26日)
 墓所:京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町 相国寺

藤原定家京極邸址、京都市中京区 
藤原定家京極邸址、京都市中京区
(出典:ウイキペディア)
藤原定家墓(相国寺) 
藤原定家墓(相国寺)
(出典:ウイキペディア)

〔国籍〕  日本国
〔言語〕  日本語
〔出生国:出身地〕  日本国:
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  
〔職業〕  公家・歌人
〔ジャンル・主題〕  和歌
〔所属・党・派〕  藤原氏(藤原北家御子左流)
〔活動・業績〕  『小倉百人一首』の撰者

〔処女作〕  
〔代表作〕 〔勅撰和歌集〕
 『新古今和歌集』:後鳥羽院親撰。定家は院の助手たちの中心だった。
 『新勅撰和歌集』:定家単独撰の勅撰集、仮名序も定家。

〔家集等〕
 『拾遺愚草』
 『拾遺愚草員外』
 『定家卿百番自歌合』
 『定家卿独吟詩歌』

〔秀歌集〕
 『秀歌大体』:後堀河院に進献。
 『定家八代抄』:八代抄、八代知顕抄、二四代集、二四代抄、黄点歌勅撰抄とも。初撰本とそれを増補した精撰本とがある。
 『八代集秀逸』:定家単独撰、または後鳥羽院、藤原家隆との共撰。
 『百人秀歌』
 『物語二百番歌合』
 『小倉百人一首』

〔歌学書・注釈書〕
 『詠歌大概』:漢文体の歌論と「秀歌躰大略」と題する秀歌例からなる。
 『衣笠内府歌難詞』:藤原家良に宛てた手紙。家良の歌を批評する。
 『近代秀歌』:和歌秘々、秘々抄、定家卿和歌式とも。
 『下官集』:下官抄、僻案とも。
 『顕註密勘』:古今秘注抄、古今和歌集抄とも。
 『五代簡要』:万物部類倭歌抄とも。
 『三代集之間事』:三代集について父俊成から伝授されたもの中心。
 『先達物語』:京極黄門談、京極中納言定家卿相語、定家卿相談とも。
 『定家十体』:定家が10に分類した歌体にそれぞれの例歌を集めたもの。
 『定家物語』:古今集や万葉集の歌に関する質問に答えたもの。
 『僻案抄』:三代集注釈書。
 『毎月抄』:定家卿消息、和歌庭訓とも。偽作説も。
 『万葉集長歌短歌説』:定家卿長歌短歌之説、長歌短歌古今相違事などとも。
 『明月記』:毎月抄に見えるが不詳。
 『和歌会次第』:定家卿和歌書様並会次第、和歌秘抄、和歌秘書などとも。

〔その他〕
 『明月記』:日記。
 『松浦宮物語』:擬古物語。
 『定家小本』:古今六帖の抄出歌集と源氏物語考勘など。
 『奥入』:源氏物語注釈。
 『釈奠次第』:釈奠についての故実。
 『次将装束抄』

〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕  主君:二条天皇 → 六条天皇 → 高倉天皇 → 安徳天皇 → 後鳥羽天皇 → 土御門天皇 → 順徳天皇 → 仲恭天皇 → 後堀河天皇 → 四条天皇

 父母:父:藤原俊成、母:美福門院加賀(藤原親忠女)
 兄弟:成家、定家 ほか
 妻:藤原季能女、藤原実宗女
 子:光家、為家、因子 ほか

 藤原定家の息子為家の子である兄弟、為氏、為教、為相は相続問題から、それぞれ和歌の家である二条家(二条派)の祖、京極家の祖、冷泉家の祖となっています。





偉人の名言 〔藤原の定家〕の残した名言。
新古今和歌集
 定家自身が撰者として収載した『新古今和歌集』に、自身の作として次の一首があります。

 「見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮」

 定家の権威を恐れぬ言動は、彼を『新古今和歌集』の撰者に任命した後鳥羽上皇の逆鱗に触れることとなり、歌界から追放されてしまうというエピソードがあります。

 しかし、人間万事塞翁が馬の例に漏れず、運命は皮肉なもので、鎌倉幕府が権威を高め、後鳥羽上皇が隠岐に流されてしまう1221年〔承久の乱〕によって変転します。親幕派の彼は、正二位中納言となり、〔和歌の聖書〕とも呼ばれる『小倉百人一首』の撰者となったのでした。