HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔藤子不二雄〕

 

 藤子不二雄は、日本の漫画家ユニットである。本名では、藤本弘と安孫子素雄という二人の漫画家がコンビを組み、結成したユニットである。どちらが描いた作品でも作者としては「藤子不二雄」のペンネームを用いていた。

 しかし、互いの作風に変化もあり、ユニットを解消した後は、「藤本→藤子・F・不二雄」と「安孫子→藤子不二雄?」のペンネームを用いている。


 代表作には、次のものなど多数がある。

 『オバケのQ太郎』(共作)
 『ドラえもん』(藤本)
 『パーマン』(藤本)
 『忍者ハットリくん』(安孫子)
 『怪物くん』(安孫子)



偉人のプロフィール

〔藤子不二雄〕のプロフィール。

〔藤子不二雄〕

藤子不二雄の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・藤子 不二雄(ふじこ ふじお)

本名

〔本名〕
・藤本弘(後のペンネーム 藤子不二雄?、藤子・F・不二雄)
・安孫子素雄(後の 藤子不二雄?)

・藤子不二雄は、上記二人の共同ペンネームである。

別名

〔別名〕
・藤子不二雄のペンネームは、1951年にコンビ結成後使用された。

・その後、足塚不二雄などの名義を経て、1954年から、コンビを解消する1987年まで使用された。

称号

〔栄典〕
(藤本弘)
(我孫子素雄)
・氷見市名誉市民
・旭日小綬章

時代

〔時代〕
・昭和時代

生誕

〔生誕〕
(藤本弘)1933年(昭和8年)12月1日(F)
(我孫子素雄)1934年(昭和9年)3月10日(A)

〔生誕地〕
(藤本弘)富山県高岡市
(我孫子素雄)富山県氷見市

死没

【藤本弘】 〔死没〕1996年(平成8年)9月23日(62歳没)
〔没地〕東京都 新宿区
〔墓所〕

【我孫子素雄】
〔死没〕
〔没地〕
〔戒名〕
〔墓所〕

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
(藤本弘)
・高岡市立定塚国民学校
・富山県高岡市定塚町出身
・富山県立高岡工芸高等学校電気科卒

(我孫子素雄)

・高岡市立定塚国民学校

職業

〔職業〕
・日本の漫画家ユニット

(藤本弘)
・漫画家

(我孫子素雄)

・漫画家
・大垣女子短期大学客員教授

分野

〔ジャンル〕
・漫画

所属

〔コンビ活動期間〕
・1951年~1987年

業績

〔業績〕
・藤子不二雄は、漫画制作の際、二人で主題を考え、絵を描いてきたが、途中から二人の作風に微妙な違いがでてきて、それぞれが別々の物語を執筆してきた。しかし、それぞれが共通の「藤子不二雄」名義で発表していた。

・コンビ解消後は別々のペンネームを名乗って執筆活動を続けたが、コンビ解消前の作品の多くがそれぞれの名義に改められた。
(藤本→「藤子・F・不二雄」)
(安孫子→「藤子不二雄?」)

作品

〔代表作〕
(共作)
 『オバケのQ太郎』

(藤本)
 『ドラえもん』
 『パーマン』
 『21エモン』
 『キテレツ大百科』
 『エスパー魔美』
 『チンプイ』

(安孫子)
 『忍者ハットリくん』
 『怪物くん』
 『プロゴルファー猿』
 『魔太郎がくる!!』
 『せぇるすまんシリーズ』
 『まんが道』
 『少年時代』

受賞歴

〔受賞歴〕
(藤本弘)
・第8回小学館漫画賞
・第27回小学館漫画賞児童部門
・第1回手塚治虫文化賞マンガ大賞
・第23回日本漫画家協会賞文部大臣賞
・映画特別功労賞
・ゴールデングロス賞
・アニメーション神戸'96読売賞

(我孫子素雄)
・藤本賞・山路ふみ子文化財団特別賞受賞
・第34回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞受賞
・氷見市名誉市民
・旭日小綬章受章
・第18回手塚治虫文化賞特別賞受賞

名言

〔藤子不二雄の名言〕

(藤本弘)
・明日にのばせることを今日するな

(我孫子素雄)

サイト

その他