HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

蕗谷虹児



 蕗谷虹児は、大正~昭和時代の挿絵画家であり詩人である。

 彼の誕生は明治31年で、尾竹竹坡(ちくは)に日本画を学び、後に竹久夢二の紹介により『少女画報』に連載された『花物語』の挿絵を担当したのを最初に、それ以降は少女雑誌や婦人雑誌の挿絵を描いた。

 抒情詩や小説も発表していて、童謡の『花嫁人形』の作詞をして知られている。




偉人のプロフィール 〔蕗谷虹児〕のプロフィール。
〔蕗谷虹児〕

蕗谷虹児の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕