HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

フランク永井



 フランク永井は、独特の低音の魅力で視聴者を魅惑した昭和中期を代表するムード歌謡歌手である。当時の歌謡は、流行歌と呼ばれた時代でしたが、フランク永井は、当時の歌謡界に極めて大きな足跡を残した。

 彼に魅了された隠れファンは、今なお多数存在し、カラオケでは必ず誰かが歌うほどです。

 フランク永井は、非常に多くの大ヒット曲を残し、多数の賞を受賞したり、NHK紅白歌合戦にも通算26回出場を果たしたが、2008年10月27日、肺炎のため逝去した。


 フランク永井は、幼少時に父親を亡くしたが、裕福な母親のもとで育てられた。当時、母親は映画館を経営していたとのことで、彼は小さい頃から歌手への強い憧れを抱いていたといわれている。

 戦後の混乱期がまだ終わらない時代、1951年(昭和26年)頃、彼は上京しアメリカ進駐軍キャンプ地でトレーラーの運転手などしながら、持ち前の歌の上手さから、アメリカ軍のクラブ歌手として小遣い稼ぎをしていた。

 彼は、数多くののど自慢大会で優勝し「のど自慢荒し」の異名をとるほどであった。1955年になると、日本テレビの「素人のど自慢」年間ベストワンを獲得したことで、ビクターと専属契約することになり、その9月に『恋人よ我に帰れ』で歌手デビューを果たす。

 初期にはジャズを歌うものの特別なヒットはなく、先輩歌手のディック・ミネや作曲家の吉田正との出会いを得て、流行歌・歌謡曲へと転向することとなる。そして、1957年、運命の曲『有楽町であいましょう』を歌って、空前の大ヒットを飛ばした。

 それに続いて『東京午前三時』や『夜霧の第二国道』などもヒットし、大歌手として成長した。1959年には、クラブで歌っていた松尾和子を見出し、二人のデュエットソング『東京ナイト・クラブ』を発表して、これまた空前の大ヒットを飛ばしたのであった。この曲は、歌謡史に残る名曲であり、2000年代に至ってもデュエット曲の定番として人気を誇っている。


『西銀座駅前』 『東京午前三時』 『有楽町で逢いましょう』
『君恋し』 『羽田発7時50分』 『こいさんのラブ・コール』
『おまえに』 『霧子のタンゴ』 『夜霧に消えたチャコ』
『国道18号線』 『夜霧の第二国道』 『公園の手品師』
『東京カチート』 『俺は淋しいんだ』 『東京ナイト・クラブ』


偉人のプロフィール 〔フランク永井〕のプロフィール。
〔フランク永井〕

フランク永井の肖像・写真 
(出典:XUITE日誌)
プロフィール
〔通称名〕  フランク永井
〔本名〕  永井清人
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  昭和時代、平成時代
〔生誕・生誕地〕  1932年3月18日
〔死没・死没地〕  2008年10月27日(満76歳没)
〔国籍〕  
〔言語〕  日本語、英語
〔出生国:出身地〕  日本国:宮城県志田郡松山町
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  
〔職業〕  歌手
〔ジャンル・主題〕  歌謡曲・流行歌・演歌
〔所属・党・派〕  レーベル:ビクターエンタテインメント
〔活動・業績〕  
〔処女作〕  
〔代表作〕
『西銀座駅前』 『東京午前三時』 『有楽町で逢いましょう』
『君恋し』 『羽田発7時50分』 『こいさんのラブ・コール』
『おまえに』 『夜霧の第二国道』 『夜霧に消えたチャコ』
『初恋の詩』 『俺は淋しいんだ』 『東京ナイト・クラブ』
『戦場の恋』 『好き 好き 好き』 『悲しみは消えない』
『恋夜』 『ラブ・レター』 『霧子のタンゴ』
『冷いキッス』 『東京カチート』 『赤ちゃんは王様だ』
『逢いたくて』 『街角のギター』 『恋うた(ラブ・コール)』
『大阪野郎』 『冬子という女』 『わたしゃ人生大学生』
『大阪ぐらし』 『国道18号線』 『六本木ワルツ』
『大阪ろまん』 『新東京小唄』 『悲恋のワルツ』
『東京しぐれ』 『妻を恋うる唄』 『加茂川ブルース』
『船場ごころ』 『公園の手品師』 『11時過ぎから』
『WOMAN』 『かえしておくれ 今すぐに』
〔受賞歴〕 〔日本レコード大賞〕
 1959年(昭和34年):『夜霧に消えたチャコ』 第1回・作曲賞、歌唱賞
 1961年(昭和36年):『君恋し』  第3回・大賞
 1962年(昭和37年):『月火水木金土の歌』 第4回・作詞賞
 1963年(昭和38年):『赤ちゃんは王様だ』 第5回・歌唱賞
 1973年(昭和48年): 第15回・制定15周年記念賞
 2008年(平成20年): 第50回・特別功労賞

〔芸術祭奨励賞〕
 1965年(昭和40年):リサイタル「慕情-歌と共に10年」

〔芸術祭優秀賞〕
 1970年(昭和45年):リサイタル「ある歌手の喜びと悲しみの記録」

〔芸術選奨文部大臣賞〕
 1971年(昭和46年):歌謡曲歌手として初の受賞

〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕  





曲名リスト ◆〔探:探索〕 〔本:本人歌唱〕 〔カ:カバー〕 〔MNK…:カラオケ〕
 〔フランク永井〕 歌手本人情報 この歌手のいろいろな情報
あ・ 逢いたくて オリジナル歌唱 淋しくて 淋しくて … フランク永井
お・ 大阪ぐらし オリジナル歌唱本人歌唱:yarukyo893 赤い夕映え フランク永井
大阪野郎 オリジナル歌唱本人歌唱:FrankNagaiJr1's channelrockyロデ夏目 フランク永井
大阪ろまん オリジナル歌唱 泣かへんおひとが フランク永井
おまえに オリジナル歌唱本人歌唱:tnk3ah懐メロカラオケrockyChtayCheng そばにいてくれる フランク永井
俺は淋しいんだ オリジナル歌唱本人歌唱:uchukyoku1ChtayChengChtayCheng 赤い灯 青い灯 フランク永井
か・ 悲しみは消えない オリジナル歌唱 およしよ およしよ … フランク永井
加茂川ブルース オリジナル歌唱rocky 情けながした フランク永井
き・ 君恋し オリジナル歌唱本人歌唱:Bartek Zdanowicz懐メロカラオケrockykazuhikonosuke 宵闇せまれば フランク永井
霧子のタンゴ オリジナル歌唱本人歌唱:007Fumin007懐メロカラオケrockyChtayCheng すきだから とても … フランク永井
く・ グッド・ナイト オリジナル歌唱本人歌唱:bluesnote beigerocky なんでもない… フランク永井
松尾和子
こ・ 恋うた(ラブ・コール) オリジナル歌唱 君いとしき君よ … フランク永井
こいさんのラブ・コール オリジナル歌唱本人歌唱:yarukyo893 なんで泣きはる フランク永井
公園の手品師 オリジナル歌唱本人歌唱:kaoruh1 鳩がとびたつ… フランク永井
国道18号線 オリジナル歌唱本人歌唱:bluesnote beige あの日 逢わなきゃ フランク永井
松尾和子
し・ 新東京小唄 オリジナル歌唱 赤い夜霧の 東京… フランク永井
す・ 好き 好き 好き オリジナル歌唱KaraTube 好き 好き 好き フランク永井
せ・ 戦場の恋 オリジナル歌唱 いずこの地に 君と… フランク永井
つ・ 妻を恋うる唄 オリジナル歌唱カバー歌唱:MrShinjirourockyKaraTube いつでも 荒れた… フランク永井
冷いキッス オリジナル歌唱 冷たいキッス 冷たい… フランク永井
と・ 東京カチート オリジナル歌唱本人歌唱:kaoruh1rockyKaraTube 赤い灯がつく赤坂… フランク永井
東京午前三時 オリジナル歌唱本人歌唱:uchukyoku1KaraTube 真っ紅なドレスが フランク永井
東京しぐれ オリジナル歌唱KaraTube 東京しぐれか フランク永井
東京ナイト・クラブ オリジナル歌唱本人歌唱:yamato2spx2懐メロカラオケKaraTubeTTOOMM0902 なぜ泣くの 睫毛が… フランク永井
東京無情 オリジナル歌唱本人歌唱:FrankNagaiJr1'srocky 義理を忘れちゃ フランク永井
に・ 西銀座駅前 オリジナル歌唱歌好きGoroKaraTube ABC XYZ フランク永井
は・ 初恋の詩 オリジナル歌唱rocky 恋しちゃいけない フランク永井
羽田発7時50分 オリジナル歌唱カバー歌唱:jonankazuKaraTubeOkeNipponKara 星も見えない空 フランク永井
ふ・ 船場ごころ オリジナル歌唱 恋に生きれば 暖簾が… フランク永井
冬子という女 オリジナル歌唱rockyKaraTube 冬子は 冬子は フランク永井
ま・ 街角のギター オリジナル歌唱カバー歌唱:eto3songrocky 淋しや 街の夜は… フランク永井
ゆ・ 有楽町で逢いましょう オリジナル歌唱本人歌唱:niro1211rockyKaraTubeChtayCheng あなたを待てば フランク永井
よ・ 夜霧に消えたチャコ オリジナル歌唱本人歌唱:tenyu3608本人歌唱:uperView_part5KaraTube 俺のこころを フランク永井
夜霧の第二国道 オリジナル歌唱KaraTubeChtayCheng つらい恋なら フランク永井
ら・ ラブ・レター オリジナル歌唱本人歌唱:kaoruh1rockyKaraTube ほのかに暗い フランク永井
松尾和子
り・ 旅秋 オリジナル歌唱本人歌唱:kaoruh1rocky 旅に出ようよ フランク永井
れ・ 恋夜(れんや) オリジナル歌唱 たまらなくなって … フランク永井
ろ・ 六本木ワルツ オリジナル歌唱 芝居がはねた 九時… フランク永井
英数 13800円 オリジナル歌唱本人歌唱:hakuho urocky もっこかつげや つるっぱし… フランク永井
11時過ぎから オリジナル歌唱 元気でいたかと フランク永井
WOMAN オリジナル歌唱 気取ったポーズで … フランク永井

ディスコグラフィー 〔フランク永井〕のディスコグラフィー(シングル)。
1955年 恋人よわれに帰れ
グッドナイト・スイートハート
1956年 バラの刺青
16トン
場末のペット吹き
月がやたらに見たいのさ
1957年 たそがれシャンソン
13,800円
東京午前三時
霧の中の男
花売り娘とギター弾き
霧笛の町
昭和炭抗節
哀愁ギター
ひとり暮しの港町
泣くなサキソフォン
夜霧の第二国道
有楽町で逢いましょう
夜行列車
からっ風の唄
羽田発7時50分
1958年 街角のギター
追憶の女
東京踊り
たそがれ酒場
公園の手品師
東京ダーク・ムーン
ここも寂しい町だった
雨のメリケン波止場
西銀座駅前
悲しみよこんにちは
夜の波紋
哀愁の海
夜霧の十字路
夜霧の南京街
ギターと女
こいさんのラブ・コール
俺はひとりさ
夜霧の巡視船
ラブ・レター
二人だけのパーティー
大阪の花
月影のささやき
青い国道
有楽町0番地
俺は淋しいんだ
ふるさとの風
夜間飛行
たそがれのテレビ塔
札幌発最終便
1959年 初恋の山
当って砕けろ
三人吉三
愛情のれん
恋のビジネス特急
婿さがし八百八町
若い潮
夜霧に消えたチャコ
哀愁の熱海駅
面影のブルース
さようならアイコさん
忘れられようか
恋夜
男の愛情
冷いキッス
らくがき酒場
逢いに来たのに
お別れしましょう
東京ナイト・クラブ
林檎ッコ
古いタンゴ
望郷(ペペ・ル・モコ)
だから泣けるんだ
ふるさとの道
香港の夜
口笛のブルース
愛しているさ
シャンソン喫茶
3号室は空だった
雨の国道7号線
フランクのクリスマス
1960年 おいら船頭さん
俺は涙を知らない男
鈴懸の頃
これきり逢えないんだ
無情
好き好き好き
涙なんか
俺は流れ星
夜の海岸線
霧に濡れた恋
淋しい街
悲恋
夜の招待
夜霧の男
恋のUターン
大阪野郎
星になりたい
泣いちゃった
小雨の三叉路
男のゆく道
山のホテル
78回転のSPレコード
海峡に泣く
東京直行便
東京の子守唄
めぐり逢い
街角
東京カチート
アーケード・ブルース
霧の東京五番街
シャンソン・ド・東京
霧の中のコンガ
虹の橋を渡るのさ
1961年 初恋ぼんぼん
フランス航路
俺も銀座の夜鳴き星
二人のロードショー
東京デイト
東京ドドンパ音頭
東京無情
あの娘はねんね
ワイキキの月
清水港のいい男
君恋し
泪の乾杯
月影の東京
俺の名前は北海太郎
千鳥桔梗
霧の夜の慕情
1962年 流れの雲に
霧雨
真白き富士の嶺
カチューシャの唄
悲しみは消えない
強くなる男
旅笠道中
悲愁
恋の近道 ローヤル・ロード
むせび泣く渚
街に霧が降る頃
別れのフラメンコ
殺し文句
白いバラ
初恋の詩
非情の雨
二人の足音
紫の雲の彼方に
東京のひとつ星
真昼の罠
モスクワの夜は更けて
黒い瞳
ひとりぼっちの唄
たそがれのビギン
母なる港
波止場
霧子のタンゴ
満塁ホーマー
新東京小唄
東京ギター弾き
1963年 わかれ
高原の山荘(ロッジ)
赤ちゃんは王様だ
湯の街デイト
月火水木金土の歌
とても大きな月だから
五ツ木慕情
戦場の恋
東京恋情
愁夜
カラスの歌
おじさんの子守唄
六本木音頭
若い西銀座
ロマンの街
赤い夕陽は
旅愁
ハダカの歌
お尻を打つよ
べんきょうはきらい
逢いたくて
ネムチェンコじいさん
はてしなき恋
並行線の街
哀しみの歌
水色のブルース
夏の終りに
1964年 冬子という女
微笑み
なぜ
振り向けばひとり
生きておくれよ
太陽は撃てない
国道18号線
むせび泣き
香水と煙草
大阪ぐらし
悲しみの雨
悲恋のワルツ
おろかな心
霧笛の道
午前0時のギター
ムーンライト・イン・横浜
港神戸の夜霧の女
悲しい人が去ってゆく
アルプスは呼んでいる
恋うた ラブ・コール
このみち
恋のバースデー
男なら
誰を愛して
抱いて抱いて
1965年 はかない夢だぜ
命をかけて
白い慕情
わたしゃ人生大学生
アコちゃん
酒場のドミノ
妻を恋うる唄
黒い椅子
返しておくれ今すぐに
イエス・オア・ノー
熱海ブルース
湯島の白梅
泣くだけ泣いて
東京しぐれ
悲しきさすらい
おきなわ
水のように
幸せひとつ
1966年 ひとりぼっち
愛のブルース
坊や
君待てども
波浮の港
女には涙がある
銀座の夜
別れのテーマ
遊侠一匹
沓掛子守唄
東北音頭
千花子の手紙
ブン屋小唄
城ヶ島の雨
恋の作・演出
パールピンクの唇
東京波止場
君去りし部屋
かわった恋
夜だけは君に
今宵だけのパートナー
みれん酒
大阪ろまん
おまえに
想い出の他国町
傷心の星
1967年 星影の小径
男のグラス
哀愁のトロイカ
マンション・ブルース
雨の夜の東京
船場ごころ
涙の人生
夕陽のジャマイカ
東京ロベリア
道後の女
でっかい夢
思い出のレコード
生命ある限り
香港ブルース
せつなくて
雨の慕情
風と二人で
灯りを消そうよ
1968年 つかの間の恋
異邦人
加茂川ブルース
面影のひと
堂島
知ってはる
疲れた別れ
レッツ・ダンス
東京ワルツ
ブルー・ムーン・イン・東京
恋のロマネスク
恋のさだめ
1969年 中洲の夜
別れ話
夜霧に濡れて
あの星に
恋のブルー銀座
星降る泉
雪子
ハーバー・ライト・ブルース
ネオン酒
薔薇のおもかげ
1970年 大阪流し
大阪ジェニー
ルイという女
運河の女
さすらいの恋
愛は永遠に
女の盛り場
しのび逢い
1971年 この道を
いつでも歌を
おもかげ
ミッドナイトTOKYO
男の子守唄
東京物語
こいさん物語
大阪の橋
1972年 慕情、南国の女
哀愁のカルデラ湖
ほんとは好きなのに
お前
おまえに
知っていたのかい
1973年 長崎の町でひとり
帰っておくれミサコ
涙への旅立ち
幸せって奴は
…そして別れが
麻耶とわかれて
1974年 たった一度の愛の言葉
紫陽花の雨
1975年 大阪無宿
届かない手紙
1976年 酒場の花
夢二恋歌
浮気川
リラ冷えの街
季節はずれの風鈴
そっとしといてあげるから
1977年 おまえに
妻を恋うる唄
11時過ぎから イレブン
お涼さん
1978年 公園の手品師
夏の終りに
振りむいてはいけない
いいわけ
街の灯り
夜更けの酒場で
1979年 お前がいいと言うのなら
兄妹だから
グラスの氷
ひかげうた
1980年 恋はお洒落に
恋遍歴
1981年 追憶
ゾーズデイズ・オブ・イエスタディ
1982年 WOMAN
愛のセレナーデ
1983年 マホガニーのカウンター
恋を愛に代えて
旅秋
さよならは左手で
1984年 初恋の詩
わかれ
1985年 六本木ワルツ
いないいない酒場 バー
あなたのすべてを
まわり道

ディスコグラフィー 〔フランク永井〕のディスコグラフィー(LPレコード)。
1962年 フランク永井 魅惑の低音傑作集
1964年 フランク永井 ステレオ・ハイライト
フランク永井 ステレオ・ハイライト第2集
フランク永井 at RO-ON
フランク永井 ステレオ・ハイライト第3集
1965年 フランク永井 ステレオ・ハイライト第4集
フランク永井 ゴールデン・シリーズ
1966年 フランク永井 ステレオ・ハイライト第5集
慕情
フランク永井 ステレオ・ハイライト第6集
あなたに贈る幼き日の歌
1967年 フランク永井 at RO-ON 第2集
恋心
生命ある限り
1968年 夜霧のブルース
誰よりも君を愛す
1969年 加茂川ブルース
1970年 上海ブルース
フランク永井 オン・ステージ
フランク永井 オン・ステージ
決定盤 フランク永井のすべて
1971年 ある歌手の喜びと悲しみ
琵琶湖周航の歌
1972年 NHKあなたのメロディー
ゴッド・ファーザー
フランク永井 at BELAMI
豪華盤 フランク永井デラックス
1973年 CD-4によるフランク永井ビッグ・ヒット
懐しのゴールデン・ジャズ・ヒット・アルバム
君恋し
フランク永井 スーパー・デラックス
横浜・神戸・長崎
1974年 いのち短し恋せよ乙女
フランク永井 グランド・デラックス
フランク永井 ベスト・コレクション’75
1975年 魅惑の低音 フランク永井大全集
1976年 魅惑のオン・ステージ
おまえに/フランク永井ベスト・コレクション
1977年 輝ける21年の軌跡
おまえに/おもいやり
フランク永井 ベスト・ヒット・アルバム
1978年 魅惑のゴールデン・デュエット
酒・女・そして…
夜のタンゴ
1979年 おまえに/有楽町で逢いましょう
お前がいいと言うのなら
1981年 オール・オブ・ミー
フランク永井のすべて
魅惑のゴールデン・デュエット2
1982年 WOMAN
1983年 マホガニーのカウンター
1984年 ANSWER ME MY LOVE~ワルツをあなたに
1985年 歌手生活30周年記念ライヴ