HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔福沢諭吉〕

 

 福澤諭吉は、日本の武士であり蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者でもある。慶應義塾を創設し専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、伝染病研究所の創設にも尽力した。

 これらの業績により、明治六大教育家として知られている。また、1984年からは彼の肖像が一万円紙幣の表面に採用されている。



偉人のプロフィール

〔福沢諭吉〕のプロフィール。

〔福沢諭吉〕

福沢諭吉の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・福沢 諭吉(ふくざわ ゆきち)

本名

〔本名〕
・福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち)

別名

〔韓〕範(はん)
〔字〕子囲(しい、旧字体:子圍)
〔揮毫の落款印〕明治卅弐年後之福翁
〔雅号〕三十一谷人(さんじゅういっこくじん)

〔別名〕中村諭吉

受賞歴

時代

〔時代〕
・19世紀

・江戸時代~明治時代

生誕

〔生誕〕天保5年12月12日(1835年1月10日)
〔生誕地〕摂津国大坂堂島浜

死没

〔死没〕1901年(明治34年)2月3日)(66歳没)
〔没地〕東京府三田
〔戒名〕大観院独立自尊居士
〔墓所〕東京府三田
〔廟〕麻布山善福寺

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・緒方洪庵のもとで蘭学
・適塾
・ブラウン大学

職業

〔職業〕
・日本の武士(中津藩士のち旗本)
・蘭学者
・著述家
・啓蒙思想家
・教育者

分野

所属

〔学派〕
・啓蒙思想

〔研究分野〕
・蘭学
・政治思想
・哲学
・教育

〔研究機関〕
・中津藩
・晩香堂
・光永寺
・適塾
・江戸幕府外国方翻訳局
・外国奉行
・慶應義塾
・明六社
・興亜会
・東京学士会院
・時事新報

〔特筆概念〕
・国家独立
・独立自尊
・権理
・自由
・男女同等論
・国民
・私立
・官民調和論
・尚商立国論

〔歴任〕
・東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長

業績

〔業績〕
・福沢諭吉は、慶應義塾の創設者であり、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、神戸商業講習所(後の神戸商業高校)、土筆ヶ岡養生園(後の北里研究所)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力した。

・彼は、また新聞『時事新報』の創刊者でもある。

・多くの業績を残したことで、明治六大教育家として列される。昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。

作品

〔著書〕
 『増訂華英通語』
 『西洋事情』
 『雷銃操法』
 『西洋旅案内』
 『条約十一国記』
 『西洋衣食住』
 『兵士懐中便覧』
 『訓蒙窮理図解』
 『洋兵明鑑』
 『掌中万国一覧』
 『英国議事院談』
 『清英交際始末』
 『世界国尽』
 『啓蒙手習之文』
 『学問のすゝめ』
 『ひびのおしえ』
 『童蒙教草』
 『かたわ娘』
 『改暦弁』
 『帳合之法』
 『日本地図草紙』
 『文字之教』
 『会議弁』
 『文明論之概略』
 『学者安心論』
 『分権論』
 『民間経済録』
 『福澤文集』
 『通貨論』
 『通俗民権論』
 『通俗国権論』
 『民情一新』
 『国会論』
 『時事小言』
 『時事大勢論』
 『帝室論』
 『兵論』
 『徳育如何』
 『学問之独立』
 『全国徴兵論』
 『通俗外交論』
 『日本婦人論』
 『日本婦人論後編』
 『士人処世論』
 『品行論』
 『男女交際論』
 『日本男子論』
 『尊王論』
 『国会の前途』
 『国会難局の由来』
 『治安小言』
 『地租論』
 『実業論』
 『福澤全集緒言』
 『福澤全集』
 『修業立志編』
 『福翁百話』
 『福翁百余話』
 『福澤先生浮世談』
 『女大学評論』
 『新女大学』
 『明治十年丁丑公論』
 『瘠我慢の説』
 『福翁自伝』
 『旧藩情』
 『唐人往来』

名言

〔福沢諭吉の名言〕



サイト

その他