HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔朝永振一郎〕

 

 朝永振一郎は、東京生まれ京都育ちの日本の物理学者である。湯川秀樹とは中学校~大学卒業まで同級であった。京都帝国大学理学部物理学科を卒業、1931年にドイツのライプツィヒに留学し、ヴェルナー・ハイゼンベルクの研究グループで、原子核物理学や量子場理論を学んだ。

 1947年、くりこみ理論を形成して水素原子のエネルギー準位に見られるいわゆるラムシフトの理論的計算を成功させた。この業績により、1965年、ノーベル物理学賞を受賞した。


 朝永振一郎は、湯川秀樹や坂田昌一と共に素粒子物理において、当時の世界の最先端の道を歩み、素粒子の新たな世界を切り開いた。

 朝永の研究は、数学的理論的なものであった。彼は、場の量子論での二つの大きな問題を解決することに成功した。超多時間論を展開し、場の量子論を相対論を満たす形に変えて完成させた。更に、この超多時間論により、湯川の提示した因果律の破れの問題を回避させた。


 場の量子論を計算するとやっかいな無限の問題に遭遇するが、これを繰り込み理論で解決する。朝永は繰り込み理論により、量子電磁力学の残された問題をも解決する事になる。繰り込みを含む量子電磁力学の形式は、その後のすべての統一理論の基礎となった。

 このように、朝永は、相対論と並ぶ素粒子物理の第一原理である場の量子論を確立し、量子電磁力学を完成させた功績によって、ノーベル物理学賞を受賞した。



偉人のプロフィール

〔朝永振一郎〕のプロフィール。

〔朝永振一郎〕

朝永振一郎の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 朝永振一郎(ともなgしんいちろう)
本名 朝永振一郎(ともなgしんいちろう)
別名

称号

・1952年:文化勲章
・1976年:勲一等旭日大綬章

時代

昭和時代

生誕

1906年3月31日・東京府東京市小石川区

死没

1979年7月8日(73歳没)

国籍 日本
言語 日本語
居住地

学歴

京都帝国大学

職業

物理学者

分野

〔主な業績〕
 ・繰り込み理論の発明による量子電磁力学の発展への寄与

所属

〔研究機関〕
 ・京都帝国大学
 ・理化学研究所
 ・東京教育大学
 ・プリンストン高等研究所

業績

〔研究分野〕
 ・物理学
 ・繰り込み理論

作品

『鳥獣戯画』
『物理学と私』
『物理学の周辺』
『科学と人間』
『科学者の社会的責任』
『開かれた研究所と指導者たち』
『物理学とは何だろうか』
『量子力学的世界像』
『量子電気力学の発展』
『量子力学と私』
『紀行と閑談』
『学問をする姿勢』
『朝永振一郎 人と業績』
『マクロの世界からミクロの世界へ』

受賞歴

〔主な受賞歴〕
 ・1952年:文化勲章
 ・1965年:ノーベル物理学賞
 〔受賞理由〕:量子電気力学分野での基礎的研究

 ・1976年:勲一等旭日大綬章

名言

〔朝永振一郎の名言〕

・ふしぎだと思うこと これが科学の芽です。よく観察してたしかめ そして考えること これが科学の茎です。そうして最後になぞがとける これが科学の花です。

・字を書くことは大嫌い。

・「好奇心」は、少なくとも科学という、人間精神の重要な営みに対して、ひとつの大きな原動力になっている。しかも、この精神的な好奇心は、人間だれでもが生まれながらに持っている極めて人間的なものだ。

・物理学が新しい進歩をするときには、自分で攻撃しようという目標に合わせていろいろな攻撃をしてみなければならない。

・人間が成功する条件というのは個性的なタレント(才能)、それを磨くためのハードワーク(努力)、そして人知を超えたチャンス(運)。この三つの組み合わせであると思います。

サイト

その他

 朝永振一郎が科学を志したきっかけは、「雨戸の節穴」だったとのこと。節穴から差し込む光で、庭の景色がさかさまになって障子に映っている。

 それに興味を持った彼は節穴のあいた板をはがし、紙のスクリーンに景色を映す実験をしたり、あるいは虫眼鏡を節穴に差し込んで画像を大きくしようとしたり、いろいろなことを試みたという。