HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔東郷青児〕

 

 東郷青児は、日本の洋画家である。夢見るような甘い女性像に人気があり、昭和の美人画家として一世を風靡した。「二科会のドン」とも呼ばれていた。

 社交的な性格で女性スキャンダルも多かった。



偉人のプロフィール

〔東郷青児〕のプロフィール。

〔東郷青児〕

東郷青児の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・東郷 青児(とうごう せいじ)

本名

〔本名〕
・東郷 鉄春(とうごう てつはる)

別名

〔綽名〕
・二科会のドン

称号

〔栄典〕
・文化功労者
・勲二等旭日重光章
・正四位追贈
・フランス芸術文化勲章(オフィシエ)受賞

時代

〔時代〕
・明治時代後期~昭和時代

生誕

〔生誕〕1897年(明治30年)4月28日
〔生誕地〕鹿児島市

死没

〔死没〕1978年(昭和53年)4月25日
〔没地〕熊本市
〔墓所〕東京 雑司ヶ谷霊園

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・青山学院中等部卒業
・フランスに留学 リヨン美術学校に学ぶ。

職業

〔職業〕
・日本の洋画家

分野

〔ジャンル〕
・洋画
・版画
・彫刻

所属

〔所属〕
・二科会
・日本芸術院

業績

〔業績〕
・東郷青児は、甘美な女性像で知られる洋画を残した。

・19歳の時に、西洋の新しい美術を志向する日本の画家たちが集まる二科展で最高の二科賞を受賞した。

・フランス留学時にはピカソとも交流し、帰国後には留学経験を活かした文筆や壁画、挿絵、装丁で人気を博した。

・戦後は二科会の国際交流に尽力し、日本芸術院会員、二科会会長を務めるなど、80歳で亡くなるまで洋画界の発展に貢献した。

作品

〔作品〕
・リボン
・静
・婦人像(多数ある)
・チューリップ
・紫
・島と女
・塔と女
・思い出
・モンボロンの城
・春の城
・花ぐもり
・赤い尖塔

・他多数(省略)

〔著書〕
 『半未亡人』
 『ロマンス・シート』
 『恋愛散歩』
 『いろざんげ』
 『新男女百景』
 『私の奇妙な友人たち』
 『東郷青児―他言無用』

受賞歴

〔受賞歴〕
・二科賞
・第1回昭和洋画奨励賞
・日本芸術院賞

名言

〔東郷青児の名言〕



サイト

その他