HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔中川一政〕

 

 中川一政は、1893年生まれの、東京府東京市本郷生まれの洋画家であり、美術家・歌人・随筆家である。成人した頃、巽画会展への出品作品が岸田劉生に見出されて画家を志した。洋画を初め、水墨画・版画・陶芸・詩作・和歌・随筆・書と多彩な作品を残した。

 全てが独学の画家であり、自らの画風を「在野派」と称していた。中川一政の代表作には『漁村凱風』や『薔薇』『箱根駒ケ岳』などの絵画作品がある。1975年、文化勲章を受章、文化功労者表彰を受賞している。



偉人のプロフィール

〔中川一政〕のプロフィール。

〔中川一政〕

中川一政の肖像・写真 
(出典:中川一政美術館HP)
プロフィール
通称

〔通称〕
・中川 一政(なかがわ かずまさ)

本名

〔本名〕
・中川 一政(なかがわ かずまさ)

別名

称号

〔称号〕
・文化勲章
・東京都名誉都民
・松任市名誉市民

時代

〔時代〕
・明治時代~平成時代初期

生誕

〔生誕〕1893年(明治26年)2月14日
〔生誕地〕東京府東京市本郷

死没

〔死没〕1991年(平成3年)2月5日(享年97歳)
〔没地〕
〔墓所〕雑司ケ谷霊園

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・錦城中〔明治45年〕卒

職業

〔職業〕
・日本の洋画家
・美術家
・歌人
・随筆家

分野

〔ジャンル〕
・洋画
・水墨画
・版画
・詩作
・陶芸
・和歌
・随筆
・書

所属

〔所属〕
・在野派(自称)

業績

〔業績〕
・洋画、水墨画、版画、陶芸、詩作、和歌、随筆、書と多彩な作品を制作した。全てが独学であり自ら「在野派」と称した。洒脱な文章でも知られた。

・巽画会展に出品した作品が岸田劉生に見出されて画家を志す。

・1915年 草土社を結成する。

・1922年 小杉放庵らと「春陽会(しゅんようかい)」設立に参加した。

作品

〔書籍〕
 『いのち弾ける!』
 『我思古人』
 『独り行く道-中川一政画文集』
 『モンマルトルの空の月』
 『腹の虫』
 『画にもかけない-随筆』

受賞歴

〔受賞歴〕
・二科賞受賞
・文化勲章を受章
・文化功労者表彰
・第15回吉田五十八賞受賞
・第33回BCS賞受賞

名言

〔中川一政の名言〕



サイト

その他

 母親の故郷である石川県松任市(現白山市)に、「松任市立中川一政記念美術館」がある。