HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔夏目漱石〕

 

 夏目漱石は、日本の小説家・評論家・英文学者であり、俳号は愚陀仏である。大学時代に正岡子規と出会い俳句を学んだ。

 彼は、イギリスへ留学し、帰国後、東京帝大講師の傍ら『吾輩は猫である』を発表して有名となる。漱石には、『坊ちゃん』や『虞美人草』『三四郎』『倫敦塔』などの作品がある。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。



偉人のプロフィール

〔夏目漱石〕のプロフィール。

〔夏目漱石〕

夏目漱石の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・夏目 漱石(なつめ そうせき)

本名

〔本名〕
・夏目 金之助(なつめ きんのすけ)

別名

〔俳号〕
・愚陀仏

称号

時代

〔時代〕
・江戸時代末期(幕末)~大正時代初期

生誕

〔生誕〕1867年2月9日(慶応3年1月5日)
〔生誕地〕江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)

死没

〔死没〕1916年(大正5年)12月9日
〔没地〕
〔墓所〕雑司ヶ谷霊園(東京都豊島区)

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業

・大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。

職業

〔職業〕
・日本の小説家
・評論家
・英文学者

・松山で愛媛県尋常中学校教師
・熊本で第五高等学校教授
・東京帝国大学 英文学講師

〔活動期間〕
・1905年~1916年

分野

〔ジャンル〕
・小説
・俳句
・漢詩
・評論
・随筆

〔主題〕
・近代知識人の我執
・個人主義
・日本の近代化

所属

〔文学活動〕
・余裕派
・反自然主義文学

業績

〔業績〕
・夏目漱石は、イギリス留学からの帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表した。この処女作がが評判になり引き続いて『坊っちゃん』や『倫敦塔』などを書き、一流の大文豪となった。

 それ以前には、物書きなどというものは、取るに足らない職業のイメージが強かった時代に、彗星の如く現れた『吾輩は猫である』のような愉快な口語調の物語は、日本における作家・小説家のイメージを向上させた。

作品

〔作品(中・長編小説)〕
 『吾輩は猫である』
 『坊っちゃん』
 『草枕』
 『三四郎』
 『それから』
 『門』
 『彼岸過迄』
 『行人』
 『こゝろ』
 『明暗』

 『二百十日』
 『野分』
 『虞美人草』
 『坑夫』
 『道草』

〔作品(短編小説・小品)〕  『倫敦塔』
 『幻影の盾』
 『琴のそら音』
 『一夜』
 『薤露行(かいろこう)』
 『趣味の遺伝』
 『文鳥』
 『夢十夜』
 『永日小品』

〔評論・随筆・講演など〕
 『文学論』
 『文学評論』
 『思ひ出すことなど』
 『硝子戸の中』
 『現代日本の開化』
 『私の個人主義』
 『カーライル博物館』
 『満韓ところどころ』
 『漱石俳句集』
 『漱石詩集』
 『従軍行』
 『我輩はお先真っ暗の猫である』

受賞歴

名言

〔夏目漱石の名言〕



サイト

その他