HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

夏目漱石



 夏目漱石は、日本の小説家・評論家・英文学者であり、俳号は愚陀仏である。大学時代に正岡子規と出会い俳句を学んだ。

 彼は、イギリスへ留学し、帰国後、東京帝大講師の傍ら『吾輩は猫である』を発表して有名となる。漱石には、『坊ちゃん』や『虞美人草』『三四郎』『倫敦塔』などの作品がある。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。




偉人のプロフィール 〔夏目漱石〕のプロフィール。
〔夏目漱石〕

夏目漱石の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕