HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔中臣鎌足〕

 

 中臣鎌足は、飛鳥時代の政治家である。日本の歴史における最大氏族「藤原氏」の始祖として知られる。鎌足は、後に天智天皇となる中大兄皇子の腹心として活躍し、大化の改新における中心人物である。

 彼は、元々は中臣氏の出身であり、初期には中臣鎌子と名乗っていたが、後に中臣鎌足に改名した。彼の臨終に際し、大織冠とともに藤原姓を賜っている。これが、藤原氏の始祖とされる所以である。


 このため、生存中の彼は中臣鎌足であり、死後の彼を指す場合には藤原鎌足と呼ぶ。『藤氏家伝』には、彼を称して「偉雅、風姿特秀」と記されているという。



偉人のプロフィール

〔中臣鎌足〕のプロフィール。

〔中臣鎌足〕

中臣鎌足の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称

〔通称〕
・中臣 鎌足(なかとみ の かまたり)

本名

〔本名〕
・中臣 鎌足(なかとみ の かまたり)

別名

〔別名〕
・中臣 鎌子(なかとみ の かまこ)

〔改名〕
・中臣鎌子→中臣鎌足→藤原鎌足

・中臣鎌足は、元々中臣氏に属し、中臣鎌子(なかとみ の かまこ)と名乗っていた。 その後、中臣鎌足に改名している。

・中臣鎌足は、臨終に際して天智天皇から大織冠とともに藤原姓を賜わり、「藤原」の姓を賜った翌日に逝去した。没後には藤原鎌足と称されるようになった。

・即ち、生存時の彼を指す時は、「中臣鎌足」を用い、「藤原氏の祖」として彼を指す場合には、「藤原鎌足」と称する。

〔神号〕
・談山権現
・談山大明神

称号

〔官位〕
・大織冠内大臣

時代

〔時代〕
・飛鳥時代

生誕

〔生誕〕推古天皇22年(614年)
〔生誕地〕大和国高市郡藤原(奈良県橿原市)

死没

〔死没〕天智天皇8年10月16日(669年11月14日)(享年56歳)
〔没地〕大和国
〔墓所〕
・阿武山古墳
・大織冠神社
・談山神社

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

〔職業〕
・飛鳥時代の政治家

分野

〔ジャンル〕
・日本の政治
・蘇我入鹿暗殺
・大化の改新

所属

〔主君〕
・孝徳天皇
・斉明天皇
ッて天智天皇

〔氏族〕
・中臣氏
・藤原氏

・日本の歴史における最大氏族「藤原氏」の始祖

業績

〔業績〕
・大化の改新の中心人物であり、改新後も中大兄皇子(天智天皇)の腹心として活躍し、藤原氏繁栄の礎を築いた。

作品

受賞歴

〔受賞歴〕
・大錦冠授与
・大紫冠授与
・大織冠授与

名言

〔中臣鎌足の和歌〕

・われはもや安見児得たり皆人の得難にすとふ安見児得たり
(私は安見児を得た、皆が手に入れられないと言っていたあの安見児を得たのだ)

〔中臣鎌足の名言〕



サイト

その他