HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

松尾芭蕉



 松尾芭蕉は、江戸時代前期の俳諧師・歌人で蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風を確立した。

 東北、北陸地方を旅して、多くの印象的な俳句を残し、後世では俳聖として世界的にも知られるようになる。紀行文に『おくのほそ道』がある。

 有名な句に次のものなど多数がある。

 『古池や蛙飛びこむ水の音』
 『野ざらしを心に風のしむ身哉』
 『夏草や兵どもが夢の跡』




偉人のプロフィール 〔松尾芭蕉〕のプロフィール。
〔松尾芭蕉〕

松尾芭蕉の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕