HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

木戸孝允(桂小五郎)



 木戸孝允(桂小五郎)は、日本の武士、長州藩士であり、幕末から明治時代にかけての政治家である。明治維新の元勲とされ西郷隆盛、大久保利通と並んで「維新の三傑」と称される。また維新の十傑の1人でもある。

 吉田松陰の師事し藩内の尊王攘夷派の中心人物となり、開国・破約攘夷の勤皇志士、長州藩の外交担当者として活躍する。

 維新後には、文明開化推進するほか、版籍奉還・廃藩置県などを唱え、薩長土肥四巨頭による参議内閣制を整えた。憲法や三権分立国家の実現に努力したほか、国民教育や天皇教育の充実に務めた。




偉人のプロフィール 〔木戸孝允(桂小五郎)〕のプロフィール。
〔木戸孝允(桂小五郎)〕

木戸孝允(桂小五郎)の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕