HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

木下杢太郎



 木下杢太郎は、静岡県賀茂郡湯川村出身の皮膚科の医学者であり、大学医学部教授を歴任している。また詩人、劇作家、翻訳家、美術史・切支丹史研究家であり、南蛮情緒的、切支丹趣味、耽美享楽的などと称されるきらびやかな詩や戯曲を残している。

 1898年、上京して獨逸学協会学校に入学し歴史を学び、文芸雑誌を読み、絵画に親しんだ。1906年には東京帝国大学医科大学へ進んだ。

 1907年、与謝野鉄幹の新詩社の機関誌『明星』の同人となり、短編『蒸氣のにほひ』を発表した。1911年、東大医学部を卒業し癩病研究を志す。1938年『眼上顎部青色母斑』を独立疾患として発表した。




偉人のプロフィール 〔木下杢太郎〕のプロフィール。
〔木下杢太郎〕

木下杢太郎の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕