HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔北里柴三郎〕

 

 北里柴三郎は、熊本県阿蘇郡小国町出身の医学者、医学博士であり細菌学者である。私立伝染病研究所創立者兼初代所長、土筆ヶ岡養生園創立者兼運営者、私立北里研究所創立者兼初代所長多数を歴任した。

 熊本医学校入学時に教師マンスフェルトに出会い、本格的に医学に目覚める。東京医学校に入学し、1883年に医学士となり、予防医学を生涯の仕事と決意する。1885年よりドイツベルリン大学に留学しコッホに師事する。


 1889年、世界初となる破傷風菌取り出し、破傷風菌純粋培養法に成功、更に1890年には破傷風菌抗毒素を発見して世界の医学界を驚嘆させた。

 そして、少量づつの菌体を動物に注射しながら血清中に抗体を産生する画期的な手法、血清療法をを開発し、ジフテリアに応用した。この功績で第1回ノーベル生理学・医学賞にノミネートされたが、実現はなかった。1894年には、ペスト菌の発見に成功している。



偉人のプロフィール

〔北里柴三郎〕のプロフィール。

〔北里柴三郎〕

北里柴三郎の写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 北里 柴三郎(きたざと しばさぶろう)
本名 北里 柴三郎(きたざと しばさぶろう)
別名

〔愛称〕
・門下生らはドンネル先生との愛称で畏れられ、かつ親しまれていた。

称号

〔称号〕
・従二位
・勲三等瑞宝章
・勲二等瑞宝章
・勲一等旭日大綬章
・旭日重光章
・男爵
・医学博士

時代

江戸時代末期~昭和時代初期

生誕

〔生誕〕1853年1月29日(嘉永5年12月20日)
〔生誕地〕肥後国阿蘇郡小国郷北里村(現・熊本県阿蘇郡小国町)

死没

〔死没〕1931年(昭和6年)6月13日
〔死没地〕東京府東京市麻布区
〔墓所〕

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・東京医学校

職業

日本の医学者・細菌学者

分野

〔研究分野〕細菌学

所属

〔研究機関〕
・ベルリン大学コッホ研究室
・伝染病研究所
・慶應義塾大学医学部

〔主な研究機関・役職〕
・私立伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)創立者兼初代所長。

・土筆ヶ岡養生園(現在の北里大学北里研究所病院)創立者兼運営者。

・私立北里研究所(現在の学校法人北里研究所)創立者兼初代所長並びに北里大学学祖。

・慶応義塾大学医学科(現在の慶應義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長、慶應義塾大学病院初代病院長。

・日本医師会創立者兼初代会長。

業績

〔主な業績〕
・破傷風菌純粋培養
・血清療法の発見
・ジフテリアと破傷風の毒素に対する抗血清開発
・ジフテリア抗血清の製造開発
・腺ペストの病原菌共同発見 ・「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、また破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した。

作品

受賞歴

〔主な受賞歴〕

(日本)
・勲三等瑞宝章
・勲三等旭日中綬章
・勲二等瑞宝章
・帝国学士院会員
・男爵
・勲一等旭日大綬章

(プロシア)
・プロフェッソルの称号

(イギリス)
・ロンドン衛生研究所名誉所員
・イタリア王国衛生会名誉会員
・イギリス衛生院名誉会員
・ハーベン学会名誉会員
・ロンドン伝染病学会名誉会員
・ロンドン王立公衆衛生学会名誉会員
・王立協会外国人会員
・ロンドン熱帯病学会及び衛生学会名誉会員
・ハーベン金牌
・ロンドン王立内科外科学会名誉会員

(スペイン)
・カタルーニア衛生院名誉会員

(ロシア)
・ロシア陸軍軍医大学校名誉会員
・レニングラード微生物学会名誉会員

(フランス)
・パトリジー・エキゾーチック学会名誉会員
・コマンドール・ド・ロフドル・ナシオナル・ド・ラ・レジオン・ド・ヌール勲章
・熱帯医学会名誉会員
・フランス学士院医学部会員
・国際微生物学会名誉会員

(ドイツ)
・ベルリン万国結核中央予防局名誉会員
・国際結核予防協会名誉会員
・星章赤鷲第二等勲章
・ベルリン医学会名誉会員
・レオポルディナ・ドイツ帝国自然科学学士院会員

(アメリカ)
・アメリカ熱帯医学会名誉会員
・ニューヨーク医学会名誉会員
・セントルイス科学協会名誉会員
・アメリカフィラデルフィア哲学会会員
・フィラデルフィア自然科学アカデミー通信会員

(オーストリア)
・ウィーン微生物学会名誉会員
・第6回国際結核予防会議名誉通信会員

(フィリピン)
・マニラ医学会名誉会員

(ノルウェー)
・サン・オラフ第二等甲級勲章

(スウェーデン)
・第1回ノーベル生理学・医学賞最終候補者。受賞はなかった。

名言

〔北里柴三郎の名言〕

・君、人に熱と誠があれば何事でも達成するよ。よく世の中が行き詰まったと云う人があるが、是は大いなる誤解である。世の中は決して行き詰まらぬ。若し行き詰まったものがあるならば、これは熱と誠がないからである。

・研究だけをやっていたのではダメだ。それをどうやって世の中に役立てるかを考えよ。

・医者の使命は病気を予防することにある。

サイト

その他