HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

横溝正史



 横溝正史は、現在の兵庫県神戸市中央区東川崎町生まれの日本の小説家で推理作家である。大正9年、神戸二中を卒業後、第一銀行神戸支店に勤務したが、翌年に雑誌『新青年』の懸賞に応募した『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が入選作となった。

 その後、1926年に江戸川乱歩に招かれ上京、博文館に入社し編集長に就任する。『文芸倶楽部』『探偵小説』などの編集長などをしたが、1932年に専業作家となる。


 戦時中は自由な作品が書けない時代が続いたが、戦後になると本格的な推理小説が書けるようになり、1948年に『本陣殺人事件』により第1回日本探偵作家クラブ賞などを受賞し、日本探偵小説界の主役となった。

 横溝正史のよく知られた代表作には、次のものなど多数がある。

『鬼火』 『本陣殺人事件』 『獄門島』
『八つ墓村』 『犬神家の一族』 『幽霊座』
『三つ首塔』 『悪魔の手毬唄』 『仮面舞踏会』
『悪霊島』 『人形佐七捕物帳』 『悪魔が来りて笛を吹く』



偉人のプロフィール 〔横溝正史〕のプロフィール。
〔横溝正史〕

横溝正史の肖像・写真 
(出典:Simple Tropical Green Life)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕