HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

西田幾多郎



 西田幾多郎は、明治3年(1870年)、石川県宇ノ気町森で出生した、日本を代表する哲学者である。幾多郎は江戸時代には大庄屋を務めた豪農の家に生まれた。石川県専門学校に学んだころ、哲学へ関心を持つようになる。

 大学卒業頃には、幾多の困難に遭遇するが思索に耽るようになり『善の研究』を著わしている。京都大学教授を務め、名誉教授となった。西田の代表作には『アブセンス・オブ・マインド』『国語の自在性』『世界新秩序の原理』『絶対矛盾的自己同一』『デカルト哲学について』『フランス哲学についての感想』などがある。




偉人のプロフィール 〔西田幾多郎〕のプロフィール。
〔西田幾多郎〕

西田幾多郎の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕