HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

二宮尊徳



 二宮尊徳は、江戸時代後期の農政家・思想家である。「報徳思想」を唱えて「報徳仕法」と呼ばれる農村復興政策を指導した。

 戦前から戦後しばらくの間は道徳教育の絶好の教材として広く国民に親しまれた。戦後もしばらくの間は、全国のどの小学校にも二宮尊徳の銅像が建っていたものである。




偉人のプロフィール 〔二宮尊徳〕のプロフィール。
〔二宮尊徳〕

二宮尊徳の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕