HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

小林一茶



 小林一茶は、信濃北部の北国街道柏原宿の中農の長男として生まれた、江戸時代を代表する俳諧師の一人である。14歳で江戸へ奉公に出たが、25歳の時に小林竹阿に師事して俳諧を学び、29歳で故郷に戻り、翌年より36歳まで、俳諧修行のため近畿・四国・九州を歴遊する。

 一茶は、生涯に3度結婚していて生まれた子供も多かったが、何れも夭折していて、彼の死後に生まれた一人だけが血脈を伝えたという。彼は多くの俳句を残した。

 『めでたさも中位(ちゆうくらゐ)なりおらが春』
 『やせ蛙(がへる)まけるな一茶これにあり』
 『雀の子そこのけそこのけお馬が通る』
 『やれ打つな蝿(はへ)が手をすり足をする』
 『名月をとってくれろと泣く子かな』
 『我ときて遊べや親のない雀』




偉人のプロフィール 〔小林一茶〕のプロフィール。
〔小林一茶〕

小林一茶の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕