HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔古関裕而〕

 

 古関裕而は、作曲家である。1929年、チェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに入選して、日本人として初めて国際的コンクールの入選履歴を得た作曲家として知られる。

 古関裕而が生涯に作曲した曲数は、五千曲に及ぶという。


 山田耕筰の推挙もあり東京に出て、当初のクラシック音楽分野から流行歌へと転身を果たし、時代の要請もあり多くの軍歌や歌謡曲を残した。

 代表曲には、早稲田大学第一応援歌『紺碧の空』や阪神タイガースの応援歌『六甲颪』、東京五輪のオリンピックマーチなどがある。



偉人のプロフィール

〔古関裕而〕のプロフィール。

〔古関裕而〕

古関裕而の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 古関 裕而(こせき ゆうじ)
本名 古關 勇治(こせき ゆうじ)
別名

〔綽名〕和製スーザ

称号

〔称号〕
・紫綬褒章受章
・勲三等瑞宝章受章

時代

大正時代・昭和時代

生誕

〔生誕〕1909年(明治42年)8月11日
〔生誕地〕福島県福島市

死没

〔死没〕1989年(平成元年)8月18日(享年80歳没)
〔死没地〕東京都
〔墓所〕川崎市春秋苑の高台

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・旧制福島商業学校(現福島商業高等学校)

職業

日本の作曲家

分野

〔ジャンル〕応援歌、軍歌、歌謡曲

〔活動期間〕1931年 - 1989年

所属

〔所属〕
・コロンビア

業績

・気品ある格式高い曲風で知られ、現在でも数多くの作品が愛されている。

・古関が作曲した曲は実に五千曲にも及ぶという。

・作曲に当たっては、楽器を一切使わずに頭の中だけで行ったといわれる。

・数多くの応援歌、行進曲の作曲を行った。

作品

〔書籍〕
 『鐘よ鳴り響け』

〔戦前~戦中期の歌〕
 『船頭可愛いや』
 『ミス仙台』
 『慰問袋を』
 『彈雨を衝いて』
 『露營の歌』
 『愛國の花』
 『婦人愛國の歌』
 『暁に祈る』
 『嗚呼北白川宮殿下』
 『海の進軍』
 『英國東洋艦隊潰滅』
 『斷じて勝つぞ』
 『防空監視の歌』
 『大東亞戰争陸軍の歌』
 『シンガポール晴れの入城』
 『みなみのつわもの』
 『大南方軍の歌』
 『海を征く歌』
 『戰ふ東條首相』
 『あの旗を撃て』
 『かちどき音頭』
 『決戦の大空へ』
 『若鷲の歌(予科練の歌)』
 『撃ちてし止まん』
 『ラバウル海軍航空隊』
 『制空戰士』
 『雷撃隊出動の歌』
 『臺灣沖の凱歌』
 『フィリピン沖の決戦』
 『嗚呼神風特別攻撃隊』
 『比島決戦の歌』
 『アイウエオの歌』
 『特別攻撃隊『斬込隊』』

〔戦後期の歌〕
 『夢淡き東京』
 『白鳥の歌』
 『雨のオランダ坂』
 『三日月娘』
 『とんがり帽子』
 『栄冠は君に輝く』
 『フランチェスカの鐘』
 『スポーツ県民歌』
 『長崎の鐘』
 『イヨマンテの夜』
 『別れのワルツ』
 『恋を呼ぶ歌』
 『さくらんぼ大将』
 『あこがれの郵便馬車』
 『ニコライの鐘』
 『黒百合の歌』
 『君の名は』
 『君いとしき人よ』
 『ひめゆりの塔』
 『みどりの馬車』
 『高原列車は行く』
 『サロマ湖の歌』
 『花売馬車』
 『荷物片手に』
 『オリンピック賛歌』
 『モスラの歌』
 『あの橋の畔で』
 『アニメンタリー 決断』
 『オリンピック・マーチ』
 『スカーレット・オハラ』
 『純白の大地』札幌冬季オリンピックの歌
 『ああ甲子園』ドカベン挿入歌

〔校歌・応援歌・社歌〕
 『早慶讃歌~花の早慶戦~』
 『我ぞ覇者~慶應義塾大学応援歌~』
 『若い力の歌』年海外協力隊隊歌
 『紺碧の空』早稲田大学第一応援歌
 『我ぞ覇者』慶應義塾大学応援歌
 『カレッジソング』東京農業大学応援歌
 『あゝ中央の若き日に』中央大学応援歌
 『栄冠は君に輝く』全国高等学校野球選手権大会の大会歌
 『六甲おろし』阪神タイガースの応援歌大阪(阪神)タイガースの歌
 『巨人軍の歌(闘魂こめて)』読売ジャイアンツの応援歌
 『中日ドラゴンズの歌』
 『東京五輪のオリンピックマーチ』
 『スポーツショー行進曲』NHKスポーツ中継テーマ
 『不二家社歌』
 『明日をつくる』第一興商社歌
 『福島商業高等学校校歌』
 『さいたま市立東浦和中学校校歌』
 『八潮市立八潮中学校校歌』
 『香川県立善通寺第一高等学校校歌』
 『千葉県立国府台高等学校校歌』
 『大多喜町立大多喜小学校校歌』
 『守口市歌』
 『鹿児島県立大口高等学校校歌』
 『京都市立加茂川中学校校歌』

 『この国は』陸上自衛隊隊歌
 『君のその手で』陸上自衛隊隊歌
 『聞け堂々の足音を』陸上自衛隊隊歌
 『栄光の旗の下に』陸上自衛隊隊歌
 『海をゆく』海上自衛隊隊歌

〔その他歌〕
 NHK「今週の明星」テーマ曲
 NHKテレビ「歌の広場」テーマ曲
 NHK「日曜名作座」テーマ曲
 NHKラジオ「ひるのいこい」テーマ曲
 NHKラジオ「早起き鳥」テーマ曲
 NHK「教育テレビ放送開始・終了」テーマ曲

受賞歴

〔主な受賞歴〕
・1929年、チェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに入選、日本人として初めて国際的コンクールの入選履歴を得た。

・紫綬褒章受章
・勲三等瑞宝章受章

名言

〔古関裕而の名言〕

・テーマや詩を前にして,その情景を思い浮かべる。すると,音楽がどんどん頭の中に湧いてくる。

・いつもふる里の吾妻山や信夫山、阿武隈川を思い出して作曲してきました。福島市に生まれ育って本当に良かった。これからも作曲活動を通して、市のため仕事を続けていきます。

サイト

その他

・古関裕而は、歌謡曲や軍歌など多くの作曲を手掛け、その業績が評価され、没後の平成元年に国民栄誉賞が内定したが、遺族が辞退している。