HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

剣持松二



 剱持松二は、東京都出身の将棋棋士である。若手棋士に度々勝ってしまう事があり、〔若手潰し〕との異名もある。その人柄から、大山康晴からも升田幸三からもかわいがられた。2000年に引退したが、引退棋士昇段規定により2013年に九段に昇段した。

 1961年度は東西対抗勝継戦で優勝、1962年・1963年には順位戦連続昇級して現役プロとしてのピークを迎えた。逸話として、1988年度の順位戦C級1組で、直後に竜王位を獲得する羽生善治に勝ち、結果として頭ハネで昇級を阻止したという。




偉人のプロフィール 〔剣持松二〕のプロフィール。
〔剣持松二〕

剣持松二の肖像・写真 
(出典:棋士紹介:日本将棋連盟)

プロフィール
〔通称名〕  剣持松二
〔本名〕  
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  
〔死没・死没地〕  
〔国籍〕  
〔言語〕  
〔出生国:出身地〕  
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  
〔職業〕  
〔ジャンル・主題〕  
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  
〔処女作〕  
〔代表作〕  
〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕