HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔継体天皇〕

 

 継体天皇は、日本の第26代天皇で、在位は継体天皇元年2月4日(450年?)~同25年2月7日(531年3月10日?)である。

 『古事記』や『日本書紀』の記述によれば、継体天皇は応神天皇5世の子孫とされ、近江国高嶋郷三尾野で誕生したが、母の故郷である越前国高向で育てられ、男大迹王として5世紀末の越前地方を統治していた。


 現皇室は継体天皇を初代として樹立されたとする新王朝論が存在し、それ以前のヤマト王権との血縁関係については定かではない。



偉人のプロフィール

〔継体天皇〕のプロフィール。

〔継体天皇〕

継体天皇の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 継体天皇(けいたいてんのう)
本名 継体天皇(けいたいてんのう)
別名

〔諱〕ヲホド

〔別商〕
 『日本書紀』
  ・男大迹王(をほどのおおきみ)
  ・彦太尊(ひこふとのみこと)

 『古事記』
  ・袁本杼命(をほどのみこと)

 『筑後国風土記』逸文
  ・雄大迹天皇(をほどのすめらみこと)

 『上宮記』逸文
  ・乎富等大公王(をほどのおおきみ)

・隅田(すだ)八幡神社(和歌山県橋本市)蔵の人物画像鏡銘に見える「孚弟王(男弟王?)」は継体天皇を指すとする説がある。

受賞歴

時代

生誕

〔生誕〕允恭天皇39年(450年?)
〔生誕地〕近江国高嶋郷三尾野(現・滋賀県高島市)

死没

〔崩御〕継体天皇25年2月7日(531年3月10日?)
〔没地〕
〔陵所〕三島藍野陵

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

〔皇居〕(『日本書紀』)
・樟葉宮(くすばのみや)
 (即位:507年2月?)

・筒城宮(つつきのみや)
 (511年10月?)

・弟国宮(おとくにのみや)
 (518年3月?)

・磐余玉穂宮(いわれのたまほのみや)
 (526年9月?)

学歴

職業

〔天皇〕日本の第26代天皇
〔在位〕継体天皇元年2月4日(507年3月3日?)~同25年2月7日(531年3月10日?)

分野

所属

〔一族〕
(父親)彦主人王
(母親)振媛
(皇后)手白香皇女
(夫人)尾張目子媛ほか
(子女)
 ・安閑天皇
 ・宣化天皇
 ・欽明天皇
 ・他多数
(皇居)
 ・樟葉宮
 ・筒城宮
 ・弟国宮
 ・磐余玉穂宮

業績

作品

名言

〔継体天皇の名言〕



サイト

その他

・飛騨高山の国学者・田中大秀の起案を受けて、門弟・橘曙覧、池田武万侶、山口春村、足羽神社神主・馬来田善包らにより、継体天皇御世系碑が足羽神社境内に建立されている。