HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

月照



 月照は、幕末期の尊皇攘夷派の僧侶である。月照は、文化10(1813)年、大阪の町医者の家に生まれ、叔父のつてで京都の清水寺成就院に入り、やがて成就院の住職になる。

 尊皇攘夷に傾倒し、徳川家定の将軍継嗣問題では一橋派となったため、大老井伊直弼から危険人物と見なされた。

 安政5(1858)年に始まった安政の大獄で追われる身となり、西郷隆盛と薩摩藩に逃れたが、薩摩藩からは厄介者扱いで保護を拒否される。月照は西郷とともに入水し死去した。西郷は命を取りとめた。




偉人のプロフィール 〔月照〕のプロフィール。
〔月照〕

月照の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕  月照
〔本名〕  
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  
〔死没・死没地〕  
〔国籍〕  
〔言語〕  
〔出生国:出身地〕  
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  
〔職業〕  
〔ジャンル・主題〕  
〔所属・党・派〕  
〔活動・業績〕  
〔処女作〕  
〔代表作〕  
〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕