HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

林芙美子



 林芙美子は、明治36年(1903年)門司市小森江で生まれた日本の小説家である。幼少時代は貧しい育ちだったためか、社会の底辺に生きる庶民を慈しむような名作を残した。

 初期には貧しさを売り物にする作家、戦時中は軍国主義政府お抱えの小説家などの批判を受ける存在だったが、戦後は普通の日本人の姿を描き出す作家だった。

 林芙美子の書いた作品数は非常に多いが、代表作には『浮雲』『放浪記』『下駄で歩いた巴里』『晩菊』『戦線』『屋久島紀行』『美しい犬』『風琴と魚の町』『晩菊・水仙・白鷺』『下町』などがある。




偉人のプロフィール 〔林芙美子〕のプロフィール。
〔林芙美子〕

林芙美子の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕