HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

草野心平



 草野心平は、福島県石城郡上小川村出身の詩人である。5人の兄弟の次男として生まれ、1919年に中学を中退し上京する。その後、中国の広東嶺南大学に進学するが、排日運動により帰国し、この頃より詩作を始める。

 1923年に詩集『廃園の喇叭』を自費出版した。更に、雑誌『銅鑼』を主催し、宮沢賢治らの同人の作品を紹介した。1928年には全編を蛙のテーマにした詩集『第百階級』を刊行する。1950年に『蛙の詩』により第1回読売文学賞を受賞している。




偉人のプロフィール 〔草野心平〕のプロフィール。
〔草野心平〕

草野心平の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕