HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

土屋文明



 土屋文明は、群馬県群馬郡群馬町上郊村出身の歌人であり国文学者である。幼少期に叔父から俳句の手ほどきを受け、旧制高崎中学在学中から俳句や短歌を『ホトトギス』に投稿していた。

 中学校卒業後には、伊藤左千夫を頼って上京、短歌の指導を受け『アララギ』に参加する。第一高等学校文科、東京帝国大学卒業後『アララギ』撰者などを経て1930年には、斎藤茂吉から『アララギ』の編集発行人を引き継ぎアララギ派の指導的存在となる。

 戦後、群馬吾妻に移り万葉集の研究に専念し、万葉集研究の第一人者となる。昭和38年より宮中歌会初召人となる。61年には、文化勲章を受章している。著書に『万葉集年表』・『万葉集私注』・『万葉集名歌評釈』などがある。




偉人のプロフィール 〔土屋文明〕のプロフィール。
〔土屋文明〕

土屋文明の肖像・写真 
(出典:Columegg)
プロフィール
〔通称名〕  土屋文明
〔本名〕  土屋文明
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕  
〔時代〕  
〔生誕・生誕地〕  1890年9月18日(明治23年9月18日)
〔死没・死没地〕  1990年12月8日(平成2年12月8日)
〔国籍〕  日本国
〔言語〕  
〔出生国:出身地〕  日本国:群馬県高崎市
〔居住国:居住地〕  
〔出身校・最終学歴〕  東京帝国大学
〔職業〕  歌人・国文学者・小説家
〔ジャンル・主題〕  詩・小説
〔所属・党・派〕  アララギ派
〔活動・業績〕  
〔処女作〕  
〔代表作〕  『ふゆくさ』(1909年)
 『往還集』(1929年)
 『青南集』(1960年)
 『青南後集』(1982年)
 『青南後集以後』(1990年)

〔受賞歴〕  
〔残した言葉・名言〕  
〔公式サイト〕  
〔その他の情報〕