HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

蘇我馬子



 蘇我馬子は、飛鳥時代の貴族で政治家である。邸宅に島を浮かべた池があったことから嶋大臣とも呼ばれた。その後の時代、大化の改新の前夜〔乙巳の変〕において討たれることになる蘇我入鹿は孫である。

 敏達天皇時代に大臣となり、以降、用明天皇、崇峻天皇、推古天皇の4代に仕える。54年間に亘り権勢を振るい、蘇我氏の全盛時代を築いた。




偉人のプロフィール 〔蘇我馬子〕のプロフィール。
〔蘇我馬子〕

蘇我馬子の肖像・写真 
(出典:?)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕