HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

蘇我入鹿



 蘇我入鹿は、飛鳥時代の豪族である。大和朝廷の有力な大臣であったが、大化の改新の前夜〔乙巳の変〕において討たれた。その後、蘇我氏が凋落する始まりとなった。

 蘇我入鹿は、青少年期には秀才だったとされ、僧・旻に学問堂で学んだ。642年、皇極天皇の即位の折り、大臣だった父親の蝦夷に代わって国政を掌理するようになる。

 この頃、聖徳太子らが天皇中心で国政を行おうとする動きがあり、これに対抗して縁の深い古人大兄皇子を天皇につけようと考え、邪魔になる聖徳太子の王子など上宮王家の人々を自殺に追い込んだ。入鹿は、畝傍山に要塞を築き、皇室行事を独断で代行した。

 古人大兄皇子の異母弟で皇位継承のライバルだった後の天智天皇となる中大兄皇子や中臣鎌足らにより飛鳥板蓋宮の大極殿において皇極天皇の御前で暗殺された。世にいう〔乙巳の変〕である。蘇我氏はその後も凋落の一途をたどり滅亡する。




偉人のプロフィール 〔蘇我入鹿〕のプロフィール。
〔蘇我入鹿〕

蘇我入鹿の肖像・写真 
(出典:?)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕