HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔江崎玲於奈〕

 

 江崎玲於奈(えさきれおな:Reona Esaki)は、日本の物理学者で、トンネルダイオードと呼ばれる新しい電子デバイスを発明たことで、1973年にノーベル物理学賞を受賞しました。

 江崎玲於奈は、1947年東京帝国大学を卒業すると、現在の富士通テン社に入社し、真空管の陰極からの熱電子放出の研究を行いましたが、1956年には現在のソニー社に移籍して、半導体研究室の主任研究員として頭角を現します。


 そして、ゲルマニウムのPN接合ダイオードの研究において、電圧を高めるにつれて電流が減少するという負性抵抗現象を発見しました。

 この発見こそは後に「エサキダイオード」と呼ばれる画期的な発見であり、ノーベル賞へとつながりました。


 江崎玲於奈は、その後も多くの科学的成果をあげ、1992年には筑波大学学長に就任し、先端学際領域研究センター(TARAセンター)の立ち上げるなど大学改革に貢献しました。

 2000年には、時の小渕恵三首相の要請で教育改革国民会議の座長に就任し、「教育を変える17の提言」を骨子とする最終報告を纏め上げました。



偉人のプロフィール

〔江崎玲於奈〕のプロフィール。

〔江崎玲於奈〕

江崎玲於奈の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 江崎玲於奈(えさきれおな)
本名 江崎玲於奈(えさきれおな)
別名

称号

・1974年:文化勲章
・1998年:勲一等旭日大綬章

時代

昭和時代・平成時代

生誕

1925年3月12日・大阪府中河内郡高井田村

死没

国籍 日本
言語 日本語・英語
居住地

日本国・米国

学歴

東京帝国大学

職業

学者・研究者

分野

〔研究分野〕
 ・半導体物理学

所属

〔研究機関〕
 ・IBM トーマス・J・ワトソン研究所

業績

・トンネル効果の実証とその理論の構築。
・トンネルダイオード(エサキダイオード)を発明。
・エサキ・ダイオードは、その後の電子技術世界の発展に大きく貢献した。

作品

『限界への挑戦』
『創造力の育て方・鍛え方』
『家族の力はとり戻せるか』
『日本人の選択』

受賞歴

・1959年:仁科記念賞、朝日賞
・1961年:モーリス・N・リーブマン記念賞(米IRE、後のIEEE)
・1961年:スチュワード・バレンタイン賞(米フランクリン協会)
・1965年:日本学士院賞
・1973年:ノーベル物理学賞
〔受賞理由〕:半導体内および超伝導体内の各々におけるトンネル効果の実験的発見

・1985年:ジェームス・C・マックグラディ新材料賞
・1991年:IEEE栄誉賞
・1998年:日本国際賞

名言

〔江崎玲於奈の名言〕

〔ノーベル賞を取るために、してはいけない5か条〕提案

1.今までの行き掛かりにとらわれてはいけない。 呪縛やしがらみに捉われると、洞察力は鈍り、創造力は発揮できない。

2.大先生を尊敬するのはよいが、のめり込んではいけない。

3.情報の大波の中で、自分に無用なものまでも抱え込んではいけない。

4.自分の主義を貫くため、戦う事を避けてはいけない。

5.いつまでも初々しい感性と飽くなき好奇心を失ってはいけない。

・科学やビジネスに 進歩をもたらすのは、飽くなき挑戦です。むろん挑戦には、リスクが付き物ですが、だからといってひるんではいけません。創造的な挑戦を続ける限り、成功しても失敗しても、あなたが得るものは大きい。

・自分らしい生き方をするためには、自分を主張し、自分を守るために戦うことを避けてはいけない。

・学問を知っている人は、学問を愛する人に及ばない。学問を愛する人は、学問を楽しむ人に及ばない。

・新しい分野を見つけることです。そうすれば二流の人間でも一流の仕事ができる。

・いつも歩く道を離れ、未踏の森に飛び込み、新しいものを探れ。

・すぐれた科学者は一芸に秀でた人間というよりも、むしろあらゆる視野を兼ね備えた教養人です。この幅広く、多角的な視点を持つということが、創造性の原動力になるのかもしれません。

・挑戦した結果が失敗であれば、そのことを踏まえて新しい方向へ頭を切り替えることができるという利点が発生します。私自身もたくさんの失敗を繰り返し、そこから学ぶ人生を送ってきました。

・いつも歩く道を離れ、未踏の森に飛び込み、新しいものを探れ。

・人間が成功する条件というのは、個性的なタレント(才能)、それを磨くためのハードワーク(努力)、そして人知を超えたチャンス(運)。この三つの組み合わせであると思います。

・ある研究テーマにおいて、素晴らしい成果をあげたとしましょう。私たちはその瞬間、うぬぼれや自信過剰という厄介な病に取りつかれてしまいます。誰しも成功を目指して努力をしているのですから、成功そのものは望ましいことです。しかし半面、よほどの分別力を持たない限り、自惚れや自信過剰のために目が曇ってしまい、次から成功が難しくなります。

サイト

その他