HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔栄西〕

 

 栄西は、平安時代末期から鎌倉時代初期の僧で、明菴栄西とも呼ばれる。生地は備中国賀陽郡、現在の岡山県加陽郡は現在加賀郡吉備中央町とされる。

 彼は、臨済宗の開祖であり建仁寺を開山した。また、天台密教葉上流の流祖でもある。廃れていた喫茶の習慣を日本に再び伝えたことでも知られている。


 江戸川乱歩は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家です。また、彼は探偵としての実体験もあり、推理小説専門の評論家としても活躍しました。次のような名作を残しました。そして、自伝に『探偵小説四十年』があります。

 『D坂の殺人事件』
 『陰獣』
 『孤島の鬼』
 『怪人二十面相』
 『幻影城』


 円空は、江戸時代前期の行脚僧として知られ、全国を行脚しながら立より先で数多くの「円空仏」と呼ばれる独特な作風の木彫り仏像を残しました。生涯に2万体の仏像を残したとされ、確認されたものだけで5350体ほどがあります。

 栄西は、平安時代末期から鎌倉時代初期の僧で、明菴栄西とも呼ばれています。臨済宗の開祖であり建仁寺を開山したほか、天台密教葉上流の流祖でもあります。奈良市にある東大寺鐘楼は、栄西が再建したとされます。



偉人のプロフィール

〔栄西〕のプロフィール。

〔栄西〕

栄西の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 栄西(えいさい)
本名 明菴栄西(みょうあん えいさい/ようさい)
別名

〔法名〕栄西
〔号〕字(道号)・明菴(明庵)
〔房号〕葉上房
〔諡号〕千光国師

称号

〔尊称〕栄西禅師

時代

平安時代末期から鎌倉時代初期の僧

生誕

〔生誕〕永治元年4月20日(1141年5月27日)
〔生誕地〕備中国賀陽郡

死没

〔死没〕建保3年7月5日(1215年8月1日)
〔死没地〕京都
〔寺院〕聖福寺・建仁寺

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

職業

僧侶(日本における臨済宗の開祖)

分野

所属

業績

〔業績〕 ・日本における臨済宗の開祖
・建仁寺の開山
・天台密教葉上流の流祖

〔喫茶復活〕
・廃れていた喫茶の習慣を日本に再び伝えた。

作品

〔著作〕
 『誓願寺盂蘭盆縁起』
 『喫茶養生記』
 『興禅護国論』
 『一代経論釈』

名言

〔栄西の名言〕

・一服すれば、肩の力も抜ける。

・天地、我を待つて覆載し、日月我を待つて運行し、四時我を待つて変化し、万物我を待つて発生す。大いなるかな心や。

・茶は養生の仙薬にして延命の妙薬なり。

サイト

その他