HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔遠藤周作〕

 

 遠藤周作は、日本の小説家であり随筆や文芸評論や戯曲も手がけたことで知られる。父親の仕事の関係で幼少時代は満州で過ごし、その後はカトリックの洗礼を受けている。

 代表作に『白い人』『海と毒薬』『沈黙』『侍』『深い河』などがある。



偉人のプロフィール

〔遠藤周作〕のプロフィール。

〔遠藤周作〕

遠藤周作の肖像・写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称 遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
本名 遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
別名

狐狸庵山人(こりあんさんじん)
狐狸庵先生(こりあんせんせい)

受賞歴

時代

昭和時代~平成時代初期

生誕

〔生誕〕1923年(大正12年)3月27日)
〔生誕地〕東京府北豊島郡西巣鴨町(現・東京都豊島区北大塚)

死没

〔死没〕1996年(平成8年)9月29日)(73歳没)
〔死没地〕東京都新宿区信濃町
〔墓所〕

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔最終学歴〕慶應義塾大学仏文科(学士:文学)

職業

小説家・随筆家・文芸評論家・戯曲作家

分野

〔ジャンル〕小説・随筆・文芸評論・戯曲
〔主題〕キリスト教
〔活動期間〕1953年 - 1996年
〔文学活動〕第三の新人

所属

業績

作品

〔代表作〕
 『白い人』
 『海と毒薬』
 『沈黙』
 『侍』
 『深い河』

受賞歴

〔主な受賞歴〕
・芥川龍之介賞
・新潮社文学賞
・毎日出版文化賞
・谷崎潤一郎賞
・読売文学賞
・日本芸術院賞
・野間文芸賞
・毎日芸術賞
・文化勲章

名言

〔遠藤周作の名言〕

・どんな母親でもわが子が悪いとは決して考えない。わが子を悪くしたのは別の人間のせいだと必死で思おうとする。

・愛の第1原則は「捨てぬこと」です。人生が愉快で楽しいなら、人生には愛はいりません。人生が辛く、みにくいからこそ、人生を捨てずにこれを生きようとするのが人生への愛です。だから自殺は愛の欠如だと言えます。

・生活と人生とは違う。

・神とは背中をそっと押してくれるような働きである。

・誰かを愛するということは、その人を「信じよう」とする意志にほかならない。もしくは信じる賭けをなすことにほかならない。

・本で読むことと、それを生きることは別です。

・神はその人の信仰が魂の奥に根をおろすまで、陽にさらし雨をそそぎ、さまざまな人生過程をあたえられる。

・人生の出来事の意味はその死の日まで誰にもわからない。

・人間にはどうしても動かせない運命というものがある。その運命の支配する限り、どんなに努力しても仕方がない。

・人間には、どんなに努力しても成ることと成らぬことがある。

・人間には神の定めた運命があって、その運命にいくら抗っても無意味だということもわかった。

・神は人それぞれに十字架を背負わせたもうのだ。

・心をつくし神を信心すること肝要にござ候。この世にては、よろず変転きわまりなく、止まるものはひとつもなきものと存じ候ゆえ。

・人間には生まれつき心の強いもの、勇気のあるものと、臆病で不器用なものとの二種類がある。

・孤独なんて気障な言葉は、大袈裟な連中だけが頭の良い所をみせるために深刻そうに呟くためのものだと思っていた。

・もともと怠け者の身には学問なども身につかない、人を押しのけてまで上に出ようという気力もない、毎日、毎日が平穏、無事で暮らせればそういう人生が自分にふさわしい。

・歯車であることは自分の意志を棄てることである。

・権力は肉体を奪えても自由は奪えない。

・いかなる場合でも弱い人間は自己弁解をする。

・恨みと哀しみとは往々にして復讐の気持に変るものだ。

・一度、神とまじわった者は、神から逃げることはできぬ。

・一人の人間の人生には決定的な転換が与えられる時期と、瞬間がある。それはある者には緩慢に訪れるが、別の者には突如としてやってくるのだ。

・人間らしく生きるために七分は真面目人間、三分は不真面目人間で生活するのが「生きる智恵」と言うべきであろう。

・自分が弱虫であり、その弱さは芯の芯まで自分に付きまとっているのだ、という事実を認めることから、他人を見、社会を見、文学を読み、人生を考えることができる。

・人間にはこの世に生きていくためには、他人にたいする『けじめ』がある。

・自分の考えだけが何時も正しいと信じている者、自分の思想や行動が決して間違っていないと信じている者、そしてそのために周りへの影響や迷惑に気づかぬ者、そのために他人を不幸にしているのに一向に無頓着な者――それを善魔という。

・仕事とは誇りだ。誇りを失って儲けるのはおのれの仕事への尊重を失うことだ。

・敵も味方も自分らが正しいと思えばこそ戦が起るのだ。

・運命なんて、努力次第で変えられるんですよ。

・苦しんでいる患者の身になってやるのが本当の医者というもんだ。

・病人の気持、その家族の気持がわからぬようなら、どんな医学者でも医者じゃあない。

・人間生活にはムダなものがかなりあるが、そのムダなもののために情緒が生まれ、うるおいができ、人の心がなごむようなものがある。

・苦しいのは誰からも愛されぬことに耐えることよ。

・病気はたしかに生活上の挫折であり失敗である。しかしそれは必ずしも人生上の挫折とは言えないのだ。

・人生におけるすべての人間関係と同じように、我々は自分が選んだ者によって苦しまされたり、相手との対立で自分を少しずつ発見していくものだ。

・戦後の日本人はいつの間にか、働くことと利を得ることを一緒にして利を得るためにだけ働くようになった。利がすべての目的に変わった。利のためにほかのものを多少は犠牲にしていいという風潮が社会を支配した。

・不幸や苦痛はそれがどんな種類であれ、人間に孤独感を同時に与えるものだ。

・手を握られた者は自分の苦しみや痛みがこのつなぎ合わされた手を通して、相手に伝わっていくのを感じる。だれかが、自分の苦しみや痛みをわかち持とうとするのを感じる。

・拷問はそれ自身よりも、それを待っている時のほうが辛い。

・人生はどんな外形をとっても本質は同じものなのである。

・自分の一番愛しているもの、自分が一番うつくしいものを汚すことに悦びを感ずるものはいない。悦びがあったとしてもそれは倒錯的な悦びである。

・人間の野心はあさましい。野心は人間をあさましくする。

・野望を達成するためには男は手をよごさねばらならぬ、時にはおのれのどうにもならぬ優しさを殺さねばならぬ。

・人間の醜悪な欲望は尽きることがない。

・人間、好奇心がなくなったらおしまいだ。

・人は人の前を横切らずには生きていけない。

・人間にとって一番辛いものは貧しさや病気ではなく、それら貧しさや病気が生む孤独と絶望のほうだ。

・我々がいつまでたってもウロウロしているのは、チャンスがないためではなく、チャンスをうまく生かさぬためだろう。

・人間の一生には一度はまたとない好機が来る。

・一人の人間にはその運命と人生とを決するようなときが生涯、一度は必ずあるものであり、それを乗り切った瞬間、彼の未来は全面的に変わるものだ。

・恋愛は「くるたのしい」ものである。「くるたのしい」とは苦しく、かつ、楽しいを略した私の新造語だが。

・小説家とは、絶えず自分を揺さぶりつつ書いていくものである。

・私が茶道で一番心を惹かれたのは「沈黙の声」を聴くということだ。

・信仰は競馬によく似ていると思うことがあります。ビギナーはよく穴を当てます。ところが馬のことを勉強し始めたら、当たらなくなります。

・私は、死というのは、この世界から新しい生命に入る通過儀礼だというふうに思っています。通過儀礼ですから、それは試練であり、そして恐怖があり、苦しみが伴うのだと思います。

・人を殺すことは自分が死ぬと同じほどの恐怖感がある。

・薬は学問の神聖のためにあるんじゃない。病人たちの苦しみを救い、病人たちの苦しみに少しでも希望を与えるために存在するんです。

・魅力あるもの、キレイな花に心を惹かれるのは、誰でもできる。だけど、色あせたものを捨てないのは努力がいる。色のあせるとき、本当の愛情が生まれる。

・どうせ人生の本質は辛く、人間は孤独なぐらい百も承知している。だからそれだけ余計に明るく楽しく振舞おうという決心を、私はこの十年間に持ち続け更にその気持ちを強くしている。

サイト

その他