HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動

日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  
世界の偉人館

〔渡部潤一〕

 

 渡部潤一は、日本の天文学者で太陽系天文学を専門とする理学博士である。国立天文台副台長、総合研究大学院大学物理科学研究科天文科学専攻教授を歴任している。

 2006年、国際天文学連合の「惑星の定義委員会」が冥王星を惑星から除外する決定を下した時の最終メンバーの1人となった。


 一般向けの天文関連の多くの著作をもつほか、天文学に関連するテレビ等への出演も多く、日本の天文学者の中では最も有名ともいえる。

 主な著書には、次のものなどがある。

 『図説新・天体カタログ 銀河系内編』
 『ヘール・ボップ彗星がやってくる』
 『しし座流星雨がやってくる』
 『星空を歩く : 巨大望遠鏡が見た宇宙』



偉人のプロフィール

〔渡部潤一〕のプロフィール。

〔渡部潤一〕

渡部潤一の肖像・写真 
(出典:未来図書館.jp)
プロフィール
通称 渡部 潤一(わたなべ じゅんいち)
本名 渡部 潤一(わたなべ じゅんいち)
別名

受賞歴

時代

昭和時代~平成時代

生誕

〔生誕〕1960年12月28日
〔生誕地〕福島県会津若松市

死没

国籍 日本国
言語 日本語
居住地

学歴

〔学歴〕
・福島県立会津高等学校卒業
・東京大学理学部天文学科卒業
・東京大学大学院理学系研究科天文学専門課程博士課程中退

職業

〔職業〕
・日本の天文学者
・理学博士
・国立天文台副台長
・総合研究大学院大学物理科学研究科天文科学専攻教授

分野

〔専門〕太陽系天文学

所属

〔研究機関〕
・研究機関
・東京大学
・国立天文台
・ハワイ大学
・総合研究大学院大学

業績

・国際天文学連合の「惑星の定義委員会」委員となり、冥王星の惑星からの除外を決定した最終メンバーの1人となった。(2006年)

・日本の天文学者の中では最も有名な1人であり、TV等メディアへの出演や一般向けの著作も多い。

作品

〔著作〕
 『図説新・天体カタログ 銀河系内編』
 『巨大彗星が木星に激突するとき』
 『彗星の木星衝突を追って』
 『彗星、地球へ大接近!』
 『ヘール・ボップ彗星がやってくる』
 『しし座流星雨がやってくる』
 『星空を歩く : 巨大望遠鏡が見た宇宙』
 『新しい太陽系 : 新書で入門』

受賞歴

名言

〔渡部潤一の名言〕

〔渡辺潤一さんの好きな言葉〕
 『天に星 地に人』

・天に星が輝くように、地球にも人が輝いている――ということですね。

渡部潤一の好きな言葉 

『天に星 地に人』(出典:ドコモ団塊倶楽部HP)
・ちょうど中学校1年くらいだったでしょうかね。小学校の頃に天文学者になると決めて、どうも「勉強しなきゃだめなんだ」と一生懸命勉強しようと思った頃に流行ってたものですからこれを聴きながら勉強してましたね。

サイト

その他

・渡辺純一さんの好きな言葉は『天に星 地に人』だそうです。