HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

渡部潤一



 渡部潤一は、日本の天文学者で太陽系天文学を専門とする理学博士である。国立天文台副台長、総合研究大学院大学物理科学研究科天文科学専攻教授を歴任している。

 2006年、国際天文学連合の「惑星の定義委員会」が冥王星を惑星から除外する決定を下した時の最終メンバーの1人となった。


 一般向けの天文関連の多くの著作をもつほか、天文学に関連するテレビ等への出演も多く、日本の天文学者の中では最も有名ともいえる。主な著書には『図説新・天体カタログ 銀河系内編』『ヘール・ボップ彗星がやってくる』『しし座流星雨がやってくる』『星空を歩く : 巨大望遠鏡が見た宇宙』などがある。



偉人のプロフィール 〔渡部潤一〕のプロフィール。
〔渡部潤一〕

渡部潤一の肖像・写真 
(出典:未来図書館.jp)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕