HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

由井正雪



 由井正雪は、江戸時代前期の日本の軍学者である。由井正雪は17歳にして江戸の親類のもとに奉公へ出るが、楠木正成の子孫を称する軍学者の楠木正辰の弟子となり、その娘と結婚して婿養子となる。そして、神田連雀町で楠木正辰の南木流を継承した軍学塾「張孔堂」を開いた。

 慶安4年(1651年)、3代将軍徳川家光の死後、幕府政策への批判と浪人の救済を掲げ、宝蔵院流の槍術家丸橋忠弥ら浪人を集めて幕府転覆を計画する。決起直前に計画を密告され、正雪は自刃して果てた。世にいう〔慶安の変(由井正雪の乱)〕である。




偉人のプロフィール 〔由井正雪〕のプロフィール。
〔由井正雪〕

由井正雪の肖像・写真 
(出典:一本気新聞)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕