HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

根津嘉一郎



 根津嘉一郎は、甲斐国山梨郡正徳寺村生まれの日本の政治家であり実業家である。東武鉄道や南海鉄道など日本国内の多くの鉄道敷設や再建事業に関わり、「鉄道王」とも呼ばれる。

 1889年に村会議員となり、東京へ進出する。若尾逸平や雨宮敬次郎と知り合い、甲州財閥を形成する。

 1891年には鉄道期成同盟会を結成し、中央線の敷設運動を行う。1905年には、東武鉄道の社長に就任し経営再建する。以降、政界にも進出して憲政会所属の衆議院議員4期務めた。後に勅選貴族院議員となっている。




偉人のプロフィール 〔根津嘉一郎〕のプロフィール。
〔根津嘉一郎〕

根津嘉一郎の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕