HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動
日本の偉人

根岸英一



 根岸英一は、日本の化学者である。1935年、満州国新京で誕生し日本統治時代の朝鮮京城府城東区で育った。

 1953年、湘南高等学校を卒業後17歳で東京大学に入学、1958年、東京大学工学部応用化学科を卒業し帝人へ入社した。その後、帝人を休職してフルブライト奨学生としてペンシルベニア大学博士課程へ留学しPh.D.を取得する。パデュー大学、シラキュース大学で教鞭をとる。

 有機亜鉛化合物と有機ハロゲン化物とをパラジウムまたはニッケル触媒のもとに縮合させ、〔C-C結合生成物〕を得る根岸カップリングを発見する。この業績で2010年、ノーベル化学賞を受賞した。




偉人のプロフィール 〔根岸英一〕のプロフィール。
〔根岸英一〕

根岸英一の肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
〔通称名〕
〔本名〕
〔別名・ペンネーム〕
〔称号〕
〔時代〕
〔生誕・生誕地〕
〔死没・死没地〕
〔国籍〕
〔言語〕
〔居住国:居住地〕
〔出身校・最終学歴〕
〔職業〕
〔ジャンル・主題〕
〔所属・党・派〕
〔活動・業績〕
〔処女作〕
〔代表作〕
〔受賞歴〕
〔残した言葉・名言〕
〔公式サイト〕
〔その他の情報〕