HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

アーベル
(Niels Henrik Abel)

 

 ニールス・ヘンリック・アーベルは、ノルウェーの天才数学者ですが、26歳の若さにして夭折しています。

 パリ科学アカデミーへ「超越関数の中の非常に拡張されたものの一般的な性質に関する論文」を提出した。この論文は、後の数学者に500年分の仕事を残したとされるほどの大論文でした。

 アーベルは、5次以上の代数方程式には、冪根 n√ と四則演算だけで表現できるような一般的な解の公式は存在しないことを証明しました。


 彼は、楕円関数やアーベル関数の研究を主力に行いました。アーベルの名は、次にような数学上の概念や名称として残されています。

 ・「アーベル群」
 ・「アーベル方程式」
 ・「アーベル積分」
 ・「アーベル関数」
 ・「アーベル多様体」
 ・「遠アーベル幾何学」



 彼が当時世界最高レベルといわれた数学の総本山パリ科学アカデミーへ提出した「超越関数の中の非常に拡張されたものの一般的な性質に関する論文」こそ、のちに“青銅よりも永続する記念碑”と謳われ、後代の数学者に500年分の仕事を残してくれたとまで言われた不滅の大論文だった。(原典:ウイキペディア)

 2001年には、彼の偉業を忍んで 〔アーベル賞〕 が創設されています。



偉人のプロフィール

〔アーベル〕のプロフィール。

〔アーベル〕

アーベルの写真 
(出典:wikipedia)

プロフィール
通称  アーベル
本名  ニールス・ヘンリック・アーベル(Niels Henrik Abel)
別名

受賞歴
時代  19世紀
生誕  1802年8月5日
死没  1829年4月6日(満26歳肺結核により死没)
国籍  ノルウェー
言語  ノルウェー語、フランス語、英語
出身地  ノルウェー:フィンドー
居住地  ノルウェー
学歴  1821年:カテドラル・スクール卒業・大学入学
 1825年9月~1826年2月:ベルリンに留学
 1826年7月~12月:パリに留学
 1827年1月~5月:ベルリンに留学

職業 〔職業〕


分野  数学
所属
業績  5次以上の代数方程式には、〔冪根 n√〕 と〔四則演算〕だけで表現できるような一般的な解の公式が存在しないことを証明した。

 その他、次のような研究を残している。

 ・楕円関数論のアーベルの定理
 ・アーベル群
 ・アーベル方程式
 ・アーベル積分
 ・アーベル関数
 ・アーベル多様体
 ・遠アーベル幾何学

作品
受賞歴  死後の1830年:フランス学士院数学部門大賞を受賞。
名言 〔アーベルの名言〕



サイト
その他

 ノルウェーの500クローネ紙幣に長期間にわたりアーベルの肖像が描かれていた。