HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

〔あ〕で始まる世界の偉人

 

 古来より現代に至るまで世界には多くの〔あ〕で始まる偉人がいて、彼らは世界の変革に大きく寄与しました。

・アインシュタイン ・アムンゼン ・アリストテレス
・アルキメデス ・アンデルセン ・アンネ・フランク

 アインシュタインは、相対性理論の発見者であり、偉人界の中でも断然一番の偉人であり、世界中でも彼の名前や相対性理論を知らない子供たちはいないほどです。アインシュタインは、時間や空間は本質的には相対的なものであることを発見しました。

 そして、物質の本質がエネルギーと等価であることを証明しました。この理論は原子力発電や原子爆弾へと繋がり世界のあり方に大きな影響を与えました。

 アムンゼンは、ノルウェーの探検家で、極地に挑んだ探検家として知られています。イギリスロバート・スコット海軍大佐と人類初の南極点到達を競い、人類史上初の南極点到達に成功しました。

 アルキメデスは、古代ギリシアの数学者であり、物理学者、技術者、発明家、天文学者として知られる天才科学者です。古代科学のあらゆる分野の発展に貢献し、流体力学のアルキメデスの原理の発見者としても有名です。



 アリストテレスは、古代ギリシアの哲学者であり、ソクラテスやプラトンと並んで西洋最大の哲学者と呼ばれています。その他分野における自然界の研究の業績から、「万学の祖」とも呼ばれ、その後の世界の哲学や論理学に大きな影響を与えました。

 アーサー・C・クラークがSF小説の分野で天才を発揮し、そのSFの発想が近年の宇宙開発に多大な影響を与えました。

 彼ら以外にもまだまだ多くの著名人がいると思われますが、当サイトで認識しページを作成しているのは、今のところこの17人だけです。


〔あ〕で始まる偉人概要

〔あ〕で始まる偉人概要の説明。

アーサー・C・クラーク

 アーサー・チャールズ・クラークは、イギリス出身のSF作家です。20世紀を代表するSF作家の一人とされ、多数の著作を残したほか、宇宙科学の進化に貢献しました。

 主な著作に『太陽系最後の日』『幼年期の終り』『神の鉄槌』『2001年宇宙の旅』『301年終局への旅』など多数があります。

アーベル

 ニールス・ヘンリック・アーベルは、ノルウェーの天才数学者だったが、26歳にして夭折しています。パリ科学アカデミーへ「超越関数の中の非常に拡張されたものの一般的な性質に関する論文」を提出したが、これは後の数学者に500年分の仕事を残したといわれるほどの大論文でした。

 アーベルは、5次以上の代数方程式には、冪根 n√ と四則演算だけで表現できるような一般的な解の公式は存在しないことを証明しました。

 彼は、楕円関数やアーベル関数の研究を主力に行いました。アーベルの名は、「アーベル群」「アーベル方程式」「アーベル積分」「アーベル関数」「アーベル多様体」「遠アーベル幾何学」などに残っています。

 2001年には、彼の偉業を忍んでアーベル賞が創設されています。

アームストロング

 ニール・オールデン・アームストロングは、アメリカ合衆国の海軍飛行士・テストパイロット・宇宙飛行士・大学教授で、人類で初めて月面に降り立った人物です。

 1969年7月16日、地球を発進したアポロ11号で月に向かい、7月21日、月面に到達すると、02:56(UTC)にアームストロングは、人類の月面への第一歩を記して次の言葉を残しました。

 「That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind.」
 (これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。)

アイザック・アシモフ

 アイザック・アシモフは、アメリカの作家で生化学者でもあります。彼は数多くの有名なSF小説をはじめ、他のいろいろな分野でも多数の著作をしていて、著作数は500冊以上もあるとされています。

 アシモフは、推理小説などでも多くの著作があるが、特に有名なのはロボットを主題にしたSF小説などです。主なSF小説には、『ファウンデーション』『われはロボット』『ロボットの時代』『夜来たる』『ミクロの決死圏』『ロボットと帝国』『ネメシス』などがあります。

 『われはロボット』は、手塚治虫の『鉄腕アトム』と並んで、多くのSFファンに愛好され、近年のロボット開発に大きな影響を与えています。

 アシモフは、アーサー・C・クラーク、およびロバート・A・ハインラインと共に、「三大SF作家」と呼ばれています。SF分野での多数の賞を受賞しています。

アイルトン・セナ

 アイルトン・セナ・ダ・シルバは、超有名なブラジル人のレーシング・ドライバーでした。F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年の計3回、ワールドチャンピオンを獲得しています。

 しかし、前年のチャンピオンチームであるウィリアム・ルノーへ念願の移籍を果たしての、1994年第3戦サンマリノGPで壮絶な事故死をしてしまいました。

 この試合の直前にセナは、今回導入されたマシン、ゲルハルトをドライブするなんてできないと話していたという。パフォーマンスが最悪でまだ乗りこなせない状態だったということだった。

アインシュタイン

 アルベルト・アインシュタインは、ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者であり、20世紀最大の物理学者、あるいは現代物理学の父とよ呼ばれています。

 アインシュタインといえば、誰でも知っているように、特殊相対性理論および一般相対性理論の発明者として有名です。しかし、彼の物理学上での偉業は非常に多く、相対性理論以外にも、相対性宇宙論、ブラウン運動に関する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱するなどの偉大な業績を残しています。

 1921年には光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によってノーベル物理学賞を受賞しています。意外なことに、相対性理論の発見で知られるアインシュタインですが、実は爽籟論ではノーベル賞を受賞してはいないのです。

アウグスティヌス

 アウレリウス・アウグスティヌスは、古代キリスト教の神学者・哲学者・説教者・ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人です。

 古代キリスト教世界のラテン語圏での理論家として大きな影響力を誇っていて、カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・非カルケドン派で聖人とされています。

 彼の著作には、魂や時間・自由・意志・神の国・来世などに関する論考、聖書への注解、音楽論などがあります。主な著作は『告白』『三位一体論』『ヨハネ福音書注解』『神の国』などです。

アガメムノン

 アガメムノンは、ギリシア神話に現れる英雄で、アガメムノーンとも表記されます。アガメムノンは、ミュケーナイの王であり、トロイア戦争におけるギリシア軍の総大将でした。

 アガメムノンは、傲慢無比、貪欲な男であり、自らの欲望のためにはどんなことも行う男でした。絶世の美女である、クリュタイムネーストラーを、いとこであり夫であるタンタロスを殺害して奪い、彼女との間に3人の子供をもうけます。

 スパると王である弟、メネラーオスの妻ヘレネーが、トロイアの王子パリスに奪われたことに憤り、トロイア戦争を起こします。先勝後にトロイア王女カッサンドラーを連れ帰ります。その後、妻とその情夫とにより暗殺されてしまいます。

アダム・スミス

 アダム・スミスは、スコットランド生まれのグレートブリテン王国の経済学者・神学者・哲学者です。

 グラスゴー大学で哲学者フランシス・ハチソンから道徳哲学を学び、1751年以降グラスゴー大学で論理学教授、道徳哲学教授となり、後に講義録『道徳情操論』を発表し名声を得ます。

 1776年以降に発表した『国富論』は絶大にあ名誉をもたらしましたが、彼は。「経済学の父」と呼ばれる存在となっています。

アポロニウス

 ペルガのアポロニウスはギリシャの数学者・天文学者です。

 著書に『円錐曲線』があり、円錐をいろいろな角度から平板で切り取ると、円錐の断面には、楕円、放物線、双曲線という3種類の図形が現れることを示しました。

 現在では、「アポロニウスの円」や「アポロニウス問題」に名前が残されている他、彼の業績に因んで、月面のクレータの名称にも、アポロニウスクレーターという名称が残されています。

アムンゼン

 ロアール・アムンセンは、ノルウェーの探検家で、特に極地探検かとして知られています。

 イギリス海軍大佐ロバート・スコットと人類初の南極点到達を競い、1911年12月14日、人類史上最初の南極点到達に成功しました。更に、1926年には飛行船によって北極点にも到達し、人類史上最初の両極点到達を果たしました。

アリストテレス

 アリストテレスは、古代ギリシアの哲学者です。哲学者プラトンの弟子であり、ソクラテスやプラトンとともに、西洋最大の哲学者のひとりとされています。

 師であるプラトンが、哲学の方法論として、対話によって真実を追求するという弁証法を用いたのに対して、アリストテレスは、経験的事象に基づいて演繹的に思考を分析するとり、論理学の三段論法を体系化しました。

 アリストテレスは自然研究において多岐にわたる業績を残したことから、しばしば「万学の祖」と呼ばれることもあり、その後のイスラーム哲学や中世スコラ学、更に近代における哲学や論理学に多大な影響を与えました。

アルキメデス

 アルキメデスは、古代ギリシアの数学者・物理学者・技術者・発明家・天文学者であり、古代における最も優れた科学者のひとりとされています。

 彼は、数学者としても偉大であり、円周率の近似計算法、級数を用いての放物線の面積の求める取り尽くし法、回転体の体積の計算法、大数の記録法なども考案したり、更には「アルキメデスの螺旋」と呼ばれる代数螺旋を定義しています。

 アルキメデスには多くの業績の他に、非常に多くの逸話がしられています。中でも「黄金の王冠」に関する逸話は興味深いものがあり、しかも後世の物理学大きな影響を与えました。

 ある時、神殿に奉納するための黄金の王冠に金細工職人が銀の混ぜものをして誤魔化していないか調べることを依頼されました。密度を測定すれば簡単だが、王冠をそのままで調べるにはその方法は使えない。彼は、王冠を水中に沈めると王冠の体積分の水面が上昇することからその体積を求め、王冠の重量で割り算して比重を求めました。この方法によって王冠には銀が混ぜられていることが証明されたのでした。

アレニウス

 スヴァンテ・アレニウスは、物理学・化学の二つの分野で活動した、スウェーデンの科学者です。現在の物理化学の創始者のひとりとされています。電解質の解離に関する理論により、1903年、ノーベル化学賞を受賞しています。

 アレニウスは、過去に何故、氷河期が存在したのかを研究し、初めて大気中の二酸化炭素の量の変化が温室効果によって地表温度に影響を与えるとの考え方を示しました。二酸化炭素の量が等差数列的に増大すると、大気温度はほぼ算術級数的に増大するとし、「アレニウスの式」として知られて今う。

 彼の業績は「アレニウスの式」の他にも、月面クレーター「Arrhenius:アレニウス」に残されています。

アンデルセン

 ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、デンマークの童話作家・詩人です。貧しい家に生まれましたが、母親の盲目的愛により育てられ、想像力豊かに育ちます。

 父親の死後、最初はオペラ歌手を目指すも成功せず、やがて大学まで進むことができたが文学的才能を発揮するチャンスはありませんでした。その後、1835年に小説『即興詩人』を出版し、これが大反響となり、ヨーロッパ各国で翻訳出版され広く世界に知られることとなりました。その後も多くの創作童話作品を発表するようになりました。

 アンデルセンの主な作品には『即興詩人』『裸の王様』『みにくいアヒルの子』『人魚姫』『親指姫』『マッチ売りの少女』『空とぶトランク』などがあります。

アンペール

 アンドレ=マリ・アンペールは、フランスの物理学者・数学者です。電磁気学の創始者のひとりであり、〔アンペールの法則〕の発見者です。

 彼は、若年にして当時の数学の研究成果をマスターしていたとされ、更に読書好きで歴史や紀行、詩、哲学、自然科学一般を幅広く学んでいました。アンペールの父親がフランス革命に断固反対し捕えられ断頭台で処刑されると、彼はしばらくの間、打ちひしがれたが、植物学の文献に出会い、意欲を取り戻します。

 時がたち、189年には数学教授となり、確率論や部分微分方程式などを研究し、1813年には、科学アカデミー入りを果たします。

 アンペールは、磁性と電流の関係を研究し、電流の流れる向きがその周囲の方位磁石の磁針の方向に与える影響を定式化しました。この法則は、電流とそのまわりにできる磁場との関係をあらわす法則であり「アンペールの法則」と呼ばれます。

 右手の親指を立てて手を握り、電流を親指の方向に流すと、残りの指の向きが磁界の向きと一致することから、「右手の法則」とか「右ねじの法則」とも呼ばれています。電流のSI単位である「アンペア」はアンペールの名に因んで定められました。

アンネ・フランク

 アンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク)は、ユダヤ系ドイツ人の少女で、『アンネの日記』の著者として全世界に知られています。

 アンネは、ドイツのフランクフルト・アム・マインに生まれ、ナチスの迫害から逃れるため、一家でオランダのアムステルダムへと亡命します。やがて、オランダがドイツ軍に占領され、そこでもユダヤ人狩りが始まると、一家は父親の職場があった場所の隠れ家でフランク一家のほかの人たちも含め、8人のユダヤ人で暮らすようになりました。ここでの生活は2年間続くのですが、アンネは毎日の生活を日記に書き続けました。

 1944年8月4日、隠れ家がゲシュタポに発見され、全員が強制収容所へと移送されてしまいます。彼女は、収容所の不衛生な環境に耐えることはできず、チフスに感染して15歳にして命を落としてしまったのでした。

 その後、彼女が隠れ家に残した日記が発見され戦後まで保存されました。隠れ家で暮らしていた8人の中で、戦後まで生き残った彼女の父親、オットー・フランクがこの日記を手渡されると、娘アンネの戦争と差別のない世界になってほしいという思いを全世界に伝えるために、この日記の出版を決意したのでした。

 そして、この日記は60以上の言語に翻訳され、2500万部超の世界的ベストセラーとなったのです。

アンディ・フグ

 アンディ・フグは、スイス・ボーレン出身の空手家、キックボクサーで、踵落としや下段後ろ回し蹴り、左フックを得意技としていた。

 彼の入場時には、ゴットハードの『闘え!アンディ・フグ』やクイーンの『ウィ・ウィル・ロック・ユー』をテーマ曲に使用していた。

 アンディ・フグの勝負は、判定の勝負な少なく、勝ときはKO勝、負けるときもKO負けというものであった。

 K-1ファイターの中では、小さ目な体で、倒されても倒されても立ち上がる不屈の立ち上がりを見せた。