HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

〔よ〕で始まる世界の偉人

 

 〔よ〕で始まる世界の偉人で最も有名なのは、ヨハネ こと 使途ヨハネ です。

・ヨハネ(使徒ヨハネ) ・ヨハネス・フェルメール
・ヨハンシュトラウス



 ヨーロッパではそれに因んた男性の名前としてヨハネスがよく使われ、ヨハネス・何々のような人は無数にいます。

 その他で有名な偉人にウイーンで活躍した作曲家のヨハンシュトラウスがいます。



〔よ〕で始まる偉人概要

〔よ〕で始まる偉人概要の説明。

ヨハネ(使徒ヨハネ)

 ヨハネは、新約聖書に登場するイエスの使徒の一人である。

 このページで述べるのは、使徒ヨハネのことで、洗礼者ヨハネとは別人である

 彼は、ゼベダイの子ヨハネ、福音記者ヨハネとも呼ばれ、聖人の概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬される。

 日本ハリストス正教会では、聖使徒福音者神学者イオアンとも呼ばれる。

ヨハネス・フェルメール

 ヨハネス・フェルメールは、現在のオランダ、ネーデルラント連邦共和国の画家で、バロック期を代表する画家のひとりである。

 彼の描く絵画は、映像のような写実的表現と綿密な空間構成を駆使して描かれ、その上に巧みな光の表現による質感を持たせることを特徴としている。

フェルメールは、バロック絵画を代表する画家のひとりとされる。また、レンブラントに並ぶ、17世紀オランダ黄金時代の代表画家である。

 代表作には、『真珠の耳飾り』『マリアとマルタの家のキリスト』『取り持ち女』『牛乳を注ぐ少女』『デルフト眺望』『恋文』等がある。

ヨハンシュトラウス

 ヨハン・シュトラウスは、オーストリアのウィーンを中心に活躍した作曲家・指揮者であり、生涯をウィンナ・ワルツ、オペレッタ、ポルカなどの作曲に捧げた人物である。

 彼は、〔ワルツ王〕とか〔ウィーンの太陽〕〔ウィーンのもう一人の皇帝〕などと称された。

 ヨハン・シュトラウスは、作曲家一族の名称で、1世、2世、3世が知られているが、最も有名なのが2世であり、通常、ヨハン・シュトラウスといえば、この2世を指す。当コーナーでもそれに従っている。