HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

〔い〕で始まる世界の偉人

 

 〔い〕で始まる偉人は、日本人にはかなり多くの偉人がいますが、外国人の偉人は非常に少ないです。

・イプセン ・イエス・キリスト
・イアン・フレミング

 これらの偉人の中で、過去にも現在にも、そして未来でも、人類に大きな影響を与えるのはイエス・キリストに違いありません。



 しかし、遠い未来に、スーパー・コンピュータが全知全能となり世界を支配する時代がくれば、神の存在など不要になるのかも知れません。(あなたが存命中にそんなことは起こりませんので安心してください。)  イアン・フレミングは、イギリス・ウェストミンスター・メイフェア生まれの冒険小説家で、かの有名な〔ジェームズ・ボンド〕シリーズ、即ちOO7の物語の作者です。

 『ドクター・ノオ』や『死ぬのは奴らだ』『ゴールドフィンガー』など衝撃の中にも懐かしい物語でした。




〔い〕で始まる偉人概要

〔い〕で始まる偉人概要の説明。

イアン・フレミング

 イアン・フレミングは、は、イギリス・ウェストミンスター・メイフェア生まれの冒険小説家である。

 彼は、政治家の息子として生まれ、陸軍士官学校卒業後に銀行などに勤務した後、ロイター通信支局長としてモスクワに赴任したが、1939年からは英海軍情報部に勤務し、第二次世界大戦中はスパイ活動にあたりゴールデンアイ作戦などの指揮を執った。

 その経験を活かし、1953年に長編小説『カジノ・ロワイヤル』を発表した。この作品は後に『ジェームズ・ボンド』シリーズの記念すべき第1作目となる。数多くのシリーズ作品を残したが、1964年に『黄金の銃をもつ男』を校正中に死去した。

イエス・キリスト

 本来、「キリスト」とは「救世主」を意味する言葉である。イエス・キリストという言葉の本来の意味は、ギリシア語で「キリスト(救世主)であるイエス」、または「イエスはキリスト(救世主)である」という意味の美称・尊称である。

 通常「イエス・キリスト」は、キリスト教の開祖あるいは教祖と考えられる人物であり、キリスト教における「キリスト(救世主)」その人である。

 キリスト教は、基本的には信仰対象である唯一神が全てであり、他の神など存在しないとする絶対的原理主義であるが、この唯一神とイエス・キリストとは同一の存在であるとしている。

 全世界におけるキリスト教の信者は、20億人ほどいるとされ、イエス・キリストは世界で最も多くの人間から崇拝・崇敬されている人物であるともいえる。

イプセン

 イプセンは、ノルウェーの劇作家であり、詩人・舞台監督であり、近代演劇の創始者、近代演劇の父とも称される。シェイクスピア以後の世界で、最も盛んに上演されている劇作家だとされる。

 イプセンの代表作には、『ブラン』や『ペール・ギュント』『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などがある。