HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

〔そ〕で始まる世界の偉人

 

 〔そ〕で始まる世界の偉人はそれほど多くはないですが、次のような偉人たちがいます。

・ソクラテス ・ソポクレス
・曹操 ・ソフィア・コワレフスカヤ




 ソクラテスは、古代ギリシアの哲学者です。ソクラテス自身は著述をしていなかったので、その思想は弟子である哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られています。

 ソポクレスは、紀元前400年代のアテナイの悲劇作家で、古代ギリシア三大悲劇詩人の一人とされています。悲劇作家として成功したことで富裕な市民層に属した人物です。

 数多くの悲劇を著作したといわれるも現存する著作は7編だけです。神々に翻弄されながらも悲壮に立ち向かうような悲劇が多く、代表作は『オイディプス王』は、ギリシャ悲劇中の珠玉とされています。



〔そ〕で始まる偉人概要

〔そ〕で始まる偉人概要の説明。

ソクラテス

 ソクラテスは、古代ギリシアの哲学者である。ソークラテースともいう。妻、クサンティッペは、悪妻として知られる。

 ソクラテスは、偉大な哲学者であるが、彼自身は著述を行っていない。

 そのため、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じてのみ知られる。

ソフィア・コワレフスカヤ

 ソフィア・コワレフスカヤは、ロシア帝国の数学者である。愛称はソーニャ、コワレフスカヤはコヴァレフスカヤとも呼ばれる。

 ロシアでは初めて、ヨーロッパを含めても3番目に大学教授の地位を得た女性である。

ソポクレス

 ソポクレスは、アテナイの悲劇作家であり、古代ギリシア三大悲劇詩人の一人に数えられる。

 123編の悲劇を書いたと言われるが、欠けずに現存するのはわずか7編だけである。

 絶対なる運命=神々に翻弄されながらも、悲壮に立ち向かう人間を描いたものが多い。

 代表作『オイディプス王』は、ギリシャ悲劇中の珠玉とされ、今日に至るまで西洋文学や心理学の題材に多大な影響を与えている。

荘子

 荘子は、中国の戦国時代の宋国の蒙(現在の河南省商丘あるいは安徽省蒙城)に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる人物である。

 荘子の伝記は『史記』巻63にあるものの、明らかではない。そのことから架空説も存在するほどである。

孫文

 孫文は、中国の政治家・革命家で、初代中華民国臨時大総統、中国国民党総理である。辛亥革命を起こし、「中国革命の父」、中華民国では国父(国家の父)と呼ばれる。

 また、中華人民共和国でも「近代革命先行者(近代革命の先人)」として近年「国父」と呼ばれる。海峡両岸で尊敬される数少ない人物である。

 中国では孫文よりも孫中山の名称が一般的であり、孫中山先生と呼ばれている。1935年から1948年まで発行されていた法幣(不換紙幣)で肖像に採用されていた。

曹操

 中国後漢末の武将・政治家・詩人。主に著名な兵法家として知られ、多くの業績を残している。

 後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。廟号は太祖、謚号は武皇帝。後世では魏の武帝、魏武とも呼ばれる。