HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

ソクラテス
(英語: Socrates、古代ギリシア語: Σωκρ?τη? S?krat?s)

 

 ソクラテスは、古代ギリシアの哲学者である。ソークラテースともいう。妻、クサンティッペは、悪妻として知られる。ソクラテスは、偉大な哲学者であるが、彼自身は著述を行っていない。

 そのため、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じてのみ知られる。




 ソクラテスは、古代ギリシャのアテナイで、彫刻家(石工)の父親と助産婦の母親のもとに生まれ、生涯のほとんどをアテナイで過ごした。

 彼は、若い時代には、ペロポネソス戦争として知られる戦いに重装歩兵として従軍した。青年期には自然科学に興味を持ったとされるが、晩年には倫理や徳を追求する哲学に没頭するようになる。

 ソクラテスの弟子であるプラトンの『ソクラテスの弁明』において、ソクラテス自身が語ったとされる物語がある。


 彼の弟子のカイレフォンがアポロンの神託所て、巫女に「ソクラテス以上の賢者はあるか」と尋ねると、「ソクラテス以上の賢者は一人もいない」と答えたという。

 自分はそれほどの賢者などではないと自覚していたソクラテスは驚き、それは何を意味するのかと自問した。そしてその神託に反証しようと思いを巡らせた。ここに、彼独特の思想や思考の形が出来たのだという。

 彼は、巷で賢者とされる人たちと問答して、その人たちが自分より賢明であることを示して神託を反証するつもりであった。しかし、実際に賢者とされる人たちと話してみると、それは失望以外の何物でもないことを知ることとなった。世評の高い政治家も文学者も、自ら語ることを真に理解してすらいなかった、それどころか、それを説明してやるはめになってしまった。

 かくして、ソクラテスは、「知らないことを知っていると思い込んでいる人よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢い」ということを悟ったのである。

 ソクラテスは、「最大の賢者とは、自分の知恵が実際には無価値であることを自覚する者である」と解釈するようになり、それが神意であると考えた。こうして彼は、極貧生活もいとわず、家庭を犠牲にしてでも、報酬など受け取ることもなく、世間の賢者たちに無知を指摘して生きるようになる。

 ソクラテスと対話した巷の賢者たちは、その無知蒙昧を指摘されることで彼は怨みをかい多くの敵を作ることとなる。やがて、ソクラテスは「アテナイの国家が信じる神々とは異なる神々を信じ、若者を堕落させた」などの罪状で公開裁判にかけられ、毒殺刑にされてしまう。

 しかし、彼の死後になって、アテナイの人々は、偉大な人物を不当な裁判により抹殺してしまったことに気づき、今度は告訴人たちを裁判なしで処刑してしまったという。

 彼は処刑までの猶予期間に、プラトンらにより逃亡や亡命を勧められたが、これを拒否し、自身の知への愛と、「単に生きながらえるより善く生きる」ことを決意していた。不正を行うよりも、死と共に殉ずる道を選んだとされる。

 紀元前399年、親しい人たちと最後の問答の後、ソクラテスはドクニンジンの杯をあおり、死に臨んだ。この顛末は、最大の弟子であるプラトンの著作に詳しく書かれている。

 『ソクラテスの弁明』
 『クリトン』
 『パイドン』

 ソクラテスは、自分の弟子などというものは一人もおらず、単に友達あるいは仲間という認識であった。

 しかし、彼の思想に大きく影響を受けた人たち、カイレフォン、クリトン、プラトン、アリスティッポス、アンティステネス、エウクレイデス、クセノポン、アルキビアデス、クリティアスなどは紛れもなく彼の真の弟子たちであった。


偉人のプロフィール

〔ソクラテス〕のプロフィール。

〔ソクラテス〕

ソクラテスの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 ソクラテス
本名 ソクラテス(希:Σωκρ?τη?)。長母音を発音するならソークラテース
別名

受賞歴
時代 古代哲学の時代
生誕 紀元前469年頃・アテナイ
死没 紀元前399年4月27日
国籍 古代ギリシャ
古代ギリシャ語
居住地 アテナイ
学歴
職業 哲学者
分野
所属 古典ギリシア哲学
業績 〔研究分野〕

 ・認識論
 ・倫理学

〔主な概念〕

 ・無知の知
 ・アレテー(徳)
 ・問答法(産婆術)
 ・ソクラテス的アイロニー

作品
名言 〔ソクラテスの名言〕

 ソクラテスは、かなり偏屈な人物だったのかも知れない。裁判で死刑が確定したとき、妻のクサンティッペが「無実の罪で死ぬなんて!」と嘆くと、「じゃあわしが有罪で死んだほうがよかったのかい?」と言ったとう。

サイト
その他

妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ