HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

レイ・カーツワイル
(Ray Kurzweil)

 

 レイ・カーツワイルはアメリカ合衆国の発明家、実業家、フューチャリストである。彼は、人工知能研究の世界的権威であり、特に技術的特異点に関する著述で知られる。

 彼によれば、2045年には、コンピュータの進化により、人工知能が人間の能力を完全に凌駕するという。技術的特異点論の時代がやってくるというのである。




 カーツワイルは発明家でもあり、彼の発明にはオムニ・フォント式OCRソフト、フラットベッド・スキャナー、Kurzweilブランドのシンセサイザー「K250」、文章音声読み上げマシーン(カーツワイル朗読機)などがある。

 カーツワイルは、1948年2月12日、ドイツ亡命ユダヤ系移民の子としてニューヨークで生まれる。1960年、12歳のとき、はじめてコンピュータに触れて熱中し、統計分析プログラムやコンピュータ作曲を行うようになる。

 高校生時代、TV番組『私の秘密』に登場し、コンピューターで作曲させた音楽を披露して、国際科学フェア第一位を受賞、ホワイトハウスでリンドン・ジョンソン大統領からウェスティングハウス・サイエンス・タレント・サーチ賞を受賞する。


 20歳時、マサチューセッツ工科大学在学中に起業し、大学選択データベースを構築した。1974年には、カーツワイル・コンピューター・プロダクツ社を設立する。それ以降も数々の発明を世に送り出し、アメリカの「発明家の殿堂」に加えられる。

 1982年には、「コンピューターを使って本物の生楽器の音を再現する」ことに挑戦して、カーツウェル・ミュージック・システム社を設立した。1984年には初の製品であるKurzweil K250を世に送り出す。

 1990年、『The Age of Intelligent Machines』を公刊し、米国出版社協会から「ベスト・コンピュータ・サイエンス・ブック」に選ばれる。チェスの勝負で人間がコンピュータに負けるとの予測を的中させた。

 1999年には、『収穫加速の法則』の概念を発表、2005年には、『The Singularity Is Near:When Humans Transcend Biology』において、技術的特異点・シンギュラリティーについて述べ、「特異点は近い」と宣言して、世界に衝撃を与えた。

 2012年にグーグル社に入社し、2015年現在、GoogleでAI開発の総指揮をとり、大脳新皮質をコンピューターシミュレーションしようという「Neocortex Simulator」に挑戦している。

 これが、完成すれば、そのシステムをクラウド上に展開し、人間の第二の脳として使用するつもりだという。(出典:ウイキペディア)


偉人のプロフィール

〔レイ・カーツワイル〕のプロフィール。

〔レイ・カーツワイル〕

レイ・カーツワイルの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)
本名 レイモンド・カーツワイル(Raymond Kurzweil)
別名

受賞歴
時代
生誕 1948年2月12日
死没
国籍
言語
居住地
学歴
職業 〔職業〕


分野
所属
業績
作品
名言 〔レイ・カーツワイルの名言〕



サイト
その他