HOME世界の偉人館 現在:PC版スマホ版へ移動 今日の運勢館おすすめおみくじ占い館
日本の偉人世界の偉人分野別偉人人気順偉人地域別偉人
世界の国世界の変革世界の賞偉人の名言サイト情報  

〔世界の偉人〕

ボルツマン
(ボルツマン)

 

 ルートヴィッヒ・エードゥアルト・ボルツマンは、オーストリア・ウィーン出身の物理学者、哲学者であり、ウィーン大学教授である。統計力学の端緒を開いた功績のほか、電磁気学、熱力学、数学の研究で知られる。

 1866年、ウィーン大学で学位を取得、翌年ヨーゼフ・シュテファンの助手となり、1869年にグラーツ大学の数理物理学助教授に就任している。




 ボルツマンは、ジェームズ・クラーク・マクスウェルらに続いて、気体分子運動論を研究、分子の力学的解析から熱力学的な性質を説明する統計力学を創始した。

 その研究の過程で、1872年にH定理により熱現象の不可逆性を証明した。いわゆるエントロピーの増大である。  1884年には、ヨーゼフ・シュテファンが実験的に解明した、黒体放射が温度の4乗に比例するという法則に、理論的な証明を与えた。この法則はシュテファン=ボルツマンの法則として知られている。

 ボルツマンは、晩年に双極性障害を患い、静養中に自殺した。その墓石にはボルツマンが導いた式、〔S=k・logW〕 の刻印が打たれている。(出典:ウイキペディア)



偉人のプロフィール

〔ボルツマン〕のプロフィール。

〔ボルツマン〕

ボルツマンの肖像・写真 
(出典:ウイキペディア)
プロフィール
通称 〔通称〕


本名 〔本名〕


別名
受賞歴
時代
生誕 〔生誕〕
〔生誕地〕

死没
国籍
言語
居住地
学歴
職業 〔職業〕


分野
所属
業績
作品
名言 〔ボルツマンの名言〕



サイト
その他